ワサビから単離した抗菌性タンパク質遺伝子

タイトル ワサビから単離した抗菌性タンパク質遺伝子
担当機関 財団法人岩手生物工学研究センター
研究課題名
研究期間 1999~2001
研究担当者
発行年度 1999
要約 わさびから、逆転写PCR法により抗菌性タンパク質遺伝子を単離した。この遺伝子を、モデル植物のたばこに導入して、灰色がび病抵抗性を確認した。
背景・ねらい 遺伝子組換えにより植物に耐病性などの優良形質を付与するためには、
新規に有用遺伝子を単離することが重要である。
そこで、最近、植物の病原菌に対する防御機構の一端を担っていると考えられている
γ-チオニンに着目し、従来から高い抗菌性が知られている
わさびからの単離を行った。
成果の内容・特徴
  1. 材料として、茎頂培養由来のin vitro で増殖しているわさび(品種:真妻系)
    の茎葉を用いる。
  2. γ-チオニン相同性遺伝子は、常法により調整したTotal RNAを用いて、
    既知のチオニン遺伝子のDNA塩基配列を基に
    縮重プライマーとOligo dT adaptorプライマーを設計して、
    逆転写PCR法(RT-PCR法)により単離して得たものである
    (図1)。
  3. 本遺伝子は、だいこんのγ-チオニン遺伝子と
    DNA塩基配列及びアミノ酸配列レベルで高い相同性が認められ、
    わさびのγ-チオニン遺伝子であると推定される。
  4. 本遺伝子をカリフラワーモザイクウイルス35Sプロモーターにつなぎ、
    アグロバクテリウム法によりモデル植物のたばこに導入した。
    形質転換当代において、灰色かび病菌(Botrytis cinerea)
    の接種試験によると、病斑の形成が抑制された系統が得られ、
    この抵抗性は後代にも遺伝する(図2)。
成果の活用面・留意点
  1. 本遺伝子を水稲、野菜、花き、果樹に導入することによって、
    多犯性病害である灰色かび病菌に抵抗性を付与することができる。
  2. γ-チオニンは、灰色かび病以外にも、
    いもち病など多くの糸状菌病に対する抵抗性の付与が期待されている。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010022019
カテゴリ いもち病 カリフラワー 水稲 たばこ だいこん 抵抗性 品種 わさび

この記事は