天敵保護を考慮した防除体系によるナミハダニの密度抑制

タイトル 天敵保護を考慮した防除体系によるナミハダニの密度抑制
担当機関 福島県果樹試験場
研究課題名
研究期間 1995~1997
研究担当者
発行年度 1999
要約 複合交信攪乱剤を利用し、天敵保護を考慮した害虫防除体系により、ハダニ類の天敵であるカブリダニ類が保護される。優占種はケナガカブリダニで、その捕食によりナミハダニの生息密度抑制効果が認められ、殺ダニ剤の削減も可能である。
背景・ねらい ハダニ類の発生は恒常的な問題で、生産現場では、
殺ダニ剤の効力低下が頻発しており、防除に苦慮している。
ハダニ類の顕在化は合成農薬使用の弊害として最も顕著な事例であり、
現在、これらの弊害を緩和するため、
農薬の依存度を低減した環境にやさしい防除技術の確立が強く求められている。
リンゴでは、主要鱗翅目害虫に対して
複合交信攪乱剤(コンフューザーA)を導入した防除体系が確立され、
既存の殺虫剤を大幅に削減できるようになった。
それにより、これまで不可能であった土着天敵の保護・利用も実証されつつある。
その中で、交信攪乱対象外の害虫として
最も重要なハダニ類の防除は最優先の課題であり、
殺ダニ剤の依存度を低減する抜本的な対策を検討する。
成果の内容・特徴
  1. 殺虫剤の大幅削減とIGR剤などの天敵に影響の少ない薬剤を
    防除体系に組み入れることで、
    ハダニ類の天敵であるカブリダニ類の保護が可能である。
  2. カブリダニ類の優占種はケナガカブリダニで、現在の防除体系では、
    カブリダニ類以外の天敵の発生はほとんど認められていない
    (図1)。
  3. ケナガカブリダニの発生は年次を経るに従い安定し、
    その捕食効果によって、ハダニ類優占種であった
    ナミハダニの発生を抑制する効果が認められる
    (図1)。
  4. 従来の慣行防除では、6月以降3~4回程度の殺ダニ剤を散布するが、
    複合交信攪乱剤を導入した防除体系により、
    殺ダニ剤を1~2回程度に削減することが可能である
    (表1)。
成果の活用面・留意点
  1. 補完防除薬剤には、IGR剤などの天敵保護に配慮した薬剤を選択する。
  2. カブリダニ類の発生は、ほ場間差や年次変動が認められるので、
    ハダニ類の発生状況をみながら、殺ダニ剤の散布を効率的に行う。
  3. 当該防除体系の継続下で、ハダニ類の優占種が
    ナミハダニからリンゴハダニに変化する現象を認めており、
    現在のところ殺ダニ剤を完全に削減することは困難である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010021995
カテゴリ 害虫 土着天敵 農薬 防除 薬剤 りんご

この記事は