複合交信攪乱剤コンフューザーAの傾斜園地における処理方法

タイトル 複合交信攪乱剤コンフューザーAの傾斜園地における処理方法
担当機関 秋田県果樹試験場
研究課題名
研究期間 1999~1999
研究担当者
発行年度 1999
要約 モモシンクイガ、ハマキムシ類、キンモンホソガ、ナシヒメシンクイに効果が認められる複合交信攪乱剤コンフューザーAは、傾斜園地においては傾斜上部や周辺部で効果が不安定である。この園地上部及び周辺部に交信攪乱剤を2割程度追加設置することにより防除効果が安定する。
背景・ねらい 複合交信攪乱剤(コンフューザーA)はモモシンクイガ、ナシヒメシンクイ、
ハマキムシ類、キンモンホソガの防除に効果があるが、
傾斜園地においては傾斜上部や周囲部における効果が年によって振れる場合がある。
そこで防除効果が安定する処理方法を検討し実用化を図る。
成果の内容・特徴
  1. 複合交信攪乱剤コンフューザーAは10a当たり200本を処理することにより、
    モモシンクイガ、ナシヒメシンクイ、ハマキムシ類、キンモンホソガの
    防除に効果が認められた。
  2. 傾斜園地(1ha)においては園地上端部や周囲部の防除効果が中央部に比べ
    年によって振れることがあり、
    特に上端部において被害程度が大きい
    (表1、2)。
  3. 傾斜園地上端部及び周囲部の樹に、
    樹当たり標準処理量の2割程度を追加処理することにより、
    モモシンクイガ、ハマキムシ類に対して安定した防除効果が得られた
    (表3)。
  4. キンモンホソガについては追加処理しても被害程度は高いが、
    追加処理しない場合に比べ被害が軽減され、実害に至らない程度にとどまった。
    (表4)。
成果の活用面・留意点
  1. 交信攪乱剤は広域で処理されるほど効果が安定する。
  2. 傾斜園地上端部及び周囲部の追加処理は、
    園地内だけでなく隣接の樹木・林地などにも行うと効果がより安定する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010021989
カテゴリ 防除 もも

この記事は