年間子豚離乳頭数が枝肉生産費および所得に対する影響

タイトル 年間子豚離乳頭数が枝肉生産費および所得に対する影響
担当機関 山形県立養豚試験場
研究課題名
研究期間 1997~1997
研究担当者
発行年度 1998
要約 年間子豚離乳頭数の多い階層ほど、年間分娩回数および分娩時の子豚哺乳頭数に優れ、繁殖技術のレベルが高い.これに伴い、枝肉生産費は低く、所得は高かった.
背景・ねらい 養豚一貫経営において、枝肉生産費の低減を図るには年間の子豚離乳頭数を
如何に多くするかが求められている.そこで、
養豚一貫経営を年間の子豚離乳頭数階層別に区分して、
枝肉生産費および所得について比較検討した.
成果の内容・特徴
  1. 年間分娩回数および分娩時の子豚哺乳頭数は階層間で差があり、
    子豚離乳頭数の多い階層ほど優れていた.
    子豚の育成率は階層間で顕著な差はなかったが、
    子豚離乳頭数が18頭以下の階層は有意に低かった
    (表1)。
  2. 繁殖雌豚の更新率および年間飼料給与量は階層間で差がなかった
    (表1)。
  3. 年間の子豚離乳頭数を多くするには、繁殖雌豚に対する妊娠、
    分娩および空胎期の期別における飼料給与を含めた飼育管理の改善が重要である.
  4. 枝肉生産費および所得は子豚離乳頭数の多い経営ほど優れており、
    階層間で差があった(表2)。
成果の活用面・留意点
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010021906
カテゴリ 経営管理 繁殖性改善

この記事は