二黄卵多発鶏の初産時絶食は二黄卵を増加させる

タイトル 二黄卵多発鶏の初産時絶食は二黄卵を増加させる
担当機関 青森畜試五戸
研究課題名
研究期間 1995~1997
研究担当者
発行年度 1998
要約 産卵率が5%に達した翌日から25%の体重減少を目標とした絶食は、50%産卵日齢を約16日遅らせるが、産卵ピーク後の産卵率及び二黄卵発生比率を2~10ポイント高く推移させ、450日齢までの累計で二黄卵発生比率を約5ポイント高めることができる。
背景・ねらい 卵黄及び卵白の栄養固形分含有率はそれぞれ52.5%及び11.5%であり、
卵黄を2個有する二黄卵の栄養価値は高い。
二黄卵は二つの卵黄を視覚的にとらえられるので、
目玉焼き等卵をそのまま使う料理ではそのユニークな形を生かすことができる。
また結婚式の引き出物等の需要もある。
二黄卵は通常卵の1.5~1.7倍の価格で売れるため、養鶏経営の収益性を向上させるが、
産卵初期しか得ることができず、その発生比率も産卵数の1~3%と低い。このため、
二黄卵を多発する鶏種や飼養管理技術も必要となっている。
本試験は、当場開発の二黄卵多発白色レグホーンを供試し、
産卵率に影響するとされる初産時絶食及び飼料粗蛋白質含量が
二黄卵発生比率に及ぼす影響を明らかにした。
成果の内容・特徴
  1. 初産時絶食は5%産卵に達した翌日から、絶食前体重の25%減量を目標として実施する。
    絶食期間は概ね7~10日間である。
  2. 初産時絶食は50%産卵日齢を有意に16日遅らせるが、
    ピーク後の産卵率及び二黄卵発生比率を2~10%高くする
    (表2、図1、
    図2)。
  3. 450日齢まで累計産卵率は約2ポイント、同二黄卵発生比率は約5ポイント高くなる
    (表2)。
  4. 飼料粗蛋白質含量の17.6%と15.7%の違いは産卵率及び二黄卵発生比率に影響を与えない
    (表1、表2)。
成果の活用面・留意点
  1. 絶食中は体重が減少するが、その程度は鶏個体、日齢、季節、
    鶏舎環境等によって違うので、絶食5日目から標本鶏(最低20羽)
    の体重を毎日測定するとともに、25%減量前でも斃死鶏が出たら直ちに中止する。
  2. 絶食終了直後の飼料給与は食滞を防ぐため一日目30g/羽、2日目60g/羽、
    3日日90g/羽と徐々に給与量を増やし、4日目から自由摂取させる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010021898
カテゴリ 経営管理 飼育技術 シカ

この記事は