ジュース向き加工用トマトの多収性新品種候補’盛岡交29号’

タイトル ジュース向き加工用トマトの多収性新品種候補’盛岡交29号’
担当機関 野菜・茶業試験場
研究課題名
研究期間 1998~1998
研究担当者
発行年度 1998
要約 '盛岡交29号'は`さきこま'を上回る多収性と果実品質を持ち、ジョイントレス果柄を持つため省力収穫が可能で、萎ちょう病・半身萎ちょう病に対する複合病害抵抗性を持つ、ジュース向き加工用トマトである。
背景・ねらい 加工用トマトの生産コスト低減のため、
野菜・茶業試験場(盛岡)では'さきこま'を育成して平成8年度に登録したが、
さらなる改良が求められていた。
そこで'さきこま'を上回る多収性と果実品質を持つ
加工用トマトの実用品種を育成する。
成果の内容・特徴
  1. 育成経過:平成元(1989)年より、トマトの高品質・省力適性素材の選定とF1組み合わせ能力検定を実施した。この試験において、
    野茶試(盛岡)で育成した系統とフランス国立農業研究所(INRA)からの導入品種とを
    用いたF1が多収で糖度が高く他の形質も優れていたため、
    '盛岡交29号'の系統名を付した。
    平成8(1996)年より平成10(1998)年まで特性検定試験・系統適応性検定試験を
    実施した結果、収量・果実形質・病害抵抗性等について優秀性が認められ、
    ジュース加工用に有望であると評価されたため、命名登録品種候補とした。
  2. 心止まり型で、無支柱省力栽培に適する。開張度はやや大きい。
    熟期は中生~やや晩生である。現在の主要品種である'NDM051(一挙収穫用)、
    カゴメ77(手取り収穫用)'はもとより、
    多収性と評価される'さきこま'と比較してもさらに収量が多い
    (表1、表3)。
    また、ジョイントレス果柄を持つため、
    一挙収穫・手取り収穫のいずれでも省力化が可能である
    (表2)。
  3. 果実は60~70gのほぼ球形で'さきこま'と同程度に堅く、
    さらに裂果も少ないため、圃場貯蔵性に優れる。糖度は'さきこま'より高く、
    酸度は同程度で、ジュース加工適性は高い
    (表2)。
  4. 防除の難しい土壌伝染性病害である萎ちょう病(レース1・2)と
    半身萎ちょう病に対する複合抵抗性を有する。
成果の活用面・留意点
  1. ジュース加工用品種で、国内の露地無支柱栽培地帯に適する。
  2. 機械化(あるいは手振い)による一挙収穫もしくは2~3回の手取り収穫に適する。
  3. 低温下では生育の遅れる可能性があるので、育苗期の温度確保を心がける。
    また、栽培適期を守り、生育期間を十分に取る。
  4. 一挙収穫の前に、一度手取り収穫を併用すると、腐敗果が減って収量増につながる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010021835
カテゴリ 育苗 加工 加工適性 機械化 コスト 省力化 新品種 多収性 抵抗性 トマト 品種 病害抵抗性 防除

この記事は