砂丘地における露地ネット系メロンの効率的施肥法

タイトル 砂丘地における露地ネット系メロンの効率的施肥法
担当機関 花き担当
研究課題名
研究期間 1998~1999
研究担当者
発行年度 1998
要約 マルチ部分のみ施肥するマルチ内施肥では、慣行基肥+追肥体系や緩効性肥料を用いた全面全層全量基肥よりも少ない窒素施肥量で同等の収量および品質が得られる。また、全面全層施肥に比べ、窒素の溶脱量が少なく、環境に対する窒素負荷が軽減される。
背景・ねらい 砂丘畑地土壌は、保肥力が小さく透水性が高いため、
施肥窒素の環境負荷が懸念される。そこで、
露地ネット系メロンにおいて収量・品質を損なうことなく、
環境に対する窒素負荷の少ない施肥方法を検討する。
成果の内容・特徴
  1. マルチ部分にのみ施肥する「マルチ内施肥」では、生育後期まで肥効が持続的であり、
    基肥1回の施肥で慣行基肥+追肥体系や最近確立された緩効性肥料を用いた
    全面全層全量基肥と同等の収量および品質が得られる。
  2. 肥料の種類は、有機入り化成(有機態窒素25%)等比較的肥効の速い肥料を用いる。
    窒素施肥量は8kg/10a程度とし、
    緩効性肥料を用いた全面全層全量基肥より2割程度の減肥が可能である
    (表1)。
  3. 全面全層施肥よりも窒素溶脱量が少なく、窒素施肥量に対する溶脱率も低い
    (図1, 表2)。
  4. 栽培概要
成果の活用面・留意点
  1. ベッド幅1.5m以上の大型トンネルで適用する。
  2. 窒素施肥量は、地力窒素レベルや堆肥の施用により加減する。
  3. 施肥機とマルチャーのトラクターアタッチにより、
    施肥・耕うん・マルチの機械化作業体系が可能である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010021831
カテゴリ 大型トンネル 機械化 施肥 メロン

この記事は