木酢液散布による硬化病発病抑制

タイトル 木酢液散布による硬化病発病抑制
担当機関 福島県蚕業試験場
研究課題名
研究期間 1997~1997
研究担当者
発行年度 1997
要約 蚕座への木酢液の原液散布は硬化病発病抑制に対して高い効果を示す。また、蚕の計量形質に与える悪影響は認められないことから、木酢液の原液散布による硬化病の発病抑制が可能である。
背景・ねらい 近年、養蚕農家の減少にともない製造中止となる養蚕用薬剤が増えており、
硬化病を対象とした蚕体・蚕座消毒薬剤では
キヌボン、キヌミーンが製造中止となり、これに代わる薬剤が求められている。
木酢液による糸状菌防除については針葉樹稚苗の立枯病において
多くの研究がなされている。養蚕分野での木酢液の利用については、
蚕座への木酢液散布が蚕核多角体病の発病をある程度抑制することが知られている。
そこで、木酢液を硬化病防除剤として利用することを目的として
木酢液散布による硬化病発病抑制効果および蚕に与える影響について検討した。
成果の内容・特徴
  1. 木酢液は、桑条木酢液および市販の純正木酢液を供試した。桑条木酢液は、
    桑条を原材料とし燻燃器(新型502、香蘭産業株式会社製)を用い作製した。
    供試糸状菌は、硬化病菌Beauveria bassiana Bb1株とした。
  2. 木酢液の原液は、硬化病菌分生子の発芽を阻止し、菌糸の生育を抑制する。
  3. 蚕座への木酢液の原液散布は蚕用新カビノランに比べて
    高い硬化病発病抑制効果を示す(表1)。
  4. 蚕座への桑条木酢液の原液散布による蚕の計量形質に与える悪影響は認められない
    (表2)。
  5. 木酢液の原液散布は硬化病の発病を抑制し、
    また蚕へ悪影響を与えなかったことから、木酢液は硬化病防除に有効である。
成果の活用面・留意点 木酢液の散布量は、5齢1箱当たり2.5リットル(12.5ミリリットル/0.1平方メートル)
が適量である。散布時期は4、5齢起蚕日、5齢3日目を目安とし、
給桑前に蚕座に散布する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010021692
カテゴリ カイコ 立枯病 防除 薬剤

この記事は