作溝・播種同時作業機いよるネギ直播栽培の省力化

タイトル 作溝・播種同時作業機いよるネギ直播栽培の省力化
担当機関 秋田県農業試験場
研究課題名
研究期間 1994~1996
研究担当者
発行年度 1997
要約 直播ネギの作溝・播種同時作業機を試作した。水田転換畑においても作溝・播種同時作業機の作業精度は高い。作溝・播種同時作業により、それぞれ別作業する場合に比べ40%の省力化が可能で、収量、品質にも大きな差がない。
背景・ねらい 秋田県のネギ栽培は、ほとんどが移植栽培である。
したがって、ネギの栽培面積が拡大するにつれ、
定植ならびに収穫・調製作業の省力化が求められている。
秋田農試では、ネギの育苗・定植作業の省力化をねらいとして
直播栽培に取り組んでおり、これまでに播種量や作溝深等について検討を進め、
水田転換畑での作溝・播種同時作業機による省力化技術を開発した。
成果の内容・特徴
  1. Mt社管理機MV-70V(7.0ps)とT社ロール式播種機TP-1000を連結し、
    直播ネギの作溝と播種を同時に行える作業機を試作した。
    また、播種機のロールを改良し、
    ネギコート種子を2.0cm間隔で播種できるようにした
    (図1)。
  2. 20mm以下の砕土率84.9%、土壌含水比45.1%の水田転換畑(前年水稲無代かき直播栽培)
    でも、作溝・播種同時作業機(試作機)により約20cmの作溝深を確保することができ、
    播種間隔、播種深の作業密度は概ね高い(表1、2)。
  3. 作溝・播種別作業の有効作業時間は2.0hr./10aである。
    作溝・播種同時作業の有効作業時間は1.2hr./10a(作溝・播種別作業対比60)となり、
    約40%の省力となる(表2)。
  4. 作溝・播種同時作業した場合のネギの収量、品質は、
    それぞれ別作業で行った場合と大きな差がない
    (表3)。
成果の活用面・留意点
  1. 水田転換畑でネギの植播栽培を行う場合、排水性の良い水田を選び、
    前作水稲は無代かき栽培などを行って畑地化を促進させる。
    また、重粘土水田では、前作にエダマメやキャベツを作付け、
    ある程度砕土率を高めた圃場条件で栽培を行う。
  2. 砂質土など乾燥しやすい土壌では、種子の発芽率が低下するので作付けを避ける。
  3. 現時点では、ネギの初期除草剤が開発されていないため、
    手作業による除草が必要となる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010021672
カテゴリ 育苗 えだまめ 乾燥 キャベツ 栽培技術 省力化 直播栽培 除草 除草剤 水田 ねぎ 排水性 播種

この記事は