ながいもの省力機械化栽培体系

タイトル ながいもの省力機械化栽培体系
担当機関 青森県畑作園芸試験場
研究課題名
研究期間 1997~1997
研究担当者
発行年度 1997
要約 新しく開発したながいもプランター、支柱立機、コンベアトレンチャを導入したながいも省力機械化栽培体系は、慣行栽培の半分以下の10a当たり94時間の労働時間となる。
背景・ねらい 青森県ではながいも栽培の労働時間を慣行の1/2にすることを目標に掲げ、
省力化のための技術開発を行ってきた。
これまで開発した個々の機械化技術を体系化することにより
大幅な労働時間の短縮を図る。
成果の内容・特徴
  1. 省力機械化栽培体系は、従来の機械化栽培体系に新しく開発した
    1条用ながいもプランター、支柱立機、コンベアトレンチャを加えたものである
    (表1)。
  2. 省力機械化体系では、労働時間が慣行より130hr/10a減少し、
    半分以下の94hr/10aである
    (表1)。
  3. ながいもプランターによる省力時間は22hr/10aで、
    41a以上の規模で省力される労賃が機械費を上回る
    (表2)。
  4. 支柱立機による省力時間は18hr/10aで、
    43a以上の規模で省力される労賃が機械費を上回る
    (表2)。
  5. コンベアトレンチャによる省力時間は34hr/10aで、
    80a以上の規模で省力される労賃が機械費を上回る
    (表2)。
成果の活用面・留意点
  1. 労働時間が慣行の半分以下の100hr/10a程度になり、
    ながいも栽培の省力化が図られ、産地の維持・強化に寄与する。
  2. 支柱立機は注文生産である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010021669
カテゴリ 機械化 機械化体系 栽培体系 省力化

この記事は