秋冬ネギの緩効性肥料による全量基肥施肥法

タイトル 秋冬ネギの緩効性肥料による全量基肥施肥法
担当機関 秋田県農業試験場
研究課題名
研究期間 1997~1997
研究担当者
発行年度 1997
要約 秋冬ネギの移植栽培において、緩効性肥料の全量基肥全層施用で、慣行の化成肥料施用とほぼ同様な養分吸収経過と収量の・品質が得られ、施肥窒素利用率の向上と減肥及び追肥の省略が可能となる。
背景・ねらい 秋田県における秋冬ネギの栽培は、育苗から収穫・調製までの機械化が進み、
省力化が図られているが、その一環として、より効率的な施肥法を確立するため、
養分吸収経過と緩効性肥料の利用による施肥法を検討する。
成果の内容・特徴
  1. 慣行の化成肥料は施用(基肥N1.5kg、追肥N1.2kg/a)した秋冬ネギの地上部乾物重は、
    9月中旬までは緩慢に推移し、その後は急激に増加し、
    10月下旬以降に再び緩慢となる。緩効性肥料(CDU-N0.5kg、被覆燐硝安加里-N1.5/a)
    を用いた全量基肥全層施用における地上部乾物重は、
    化成肥料施用とほぼ同様に推移する
    (図1)。
  2. 化成肥料施用の地上部の窒素濃度経過は、
    9月中旬にピークとなりその後急激に低下する。
    緩効性肥料施用では10月下旬以降の収穫期では差がなくなる
    (図2)。
  3. 地上部窒素含量は、化成肥料施用と緩効性肥料施用とほぼ同様に経過する
    (図3)。
  4. 施用窒素の利用率は、化成肥料施用が39%であるのに対し、
    緩効性肥料施用では55%に向上する
    (表1)。
  5. 緩効性肥料の施用は、化成肥料施用とほぼ同様の生育、収量、品質が得られ、
    追肥作業の省略化と施肥窒素量の26%削減及び肥料費の14%節減が可能となる
    (表1)。
(耕種概要)
成果の活用面・留意点
  1. 緩効性肥料の形状は化成肥料とほぼ同様であるが、
    同時施用に当たっては良く混合してから散布する。
  2. 砂質土では未検討である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010021659
カテゴリ 育苗 機械化 省力化 施肥 ねぎ

この記事は