砂壌土を培地とする抑制メロンの養液栽培

タイトル 砂壌土を培地とする抑制メロンの養液栽培
担当機関 宮城県園芸試験場
研究課題名
研究期間 1996~1996
研究担当者
発行年度 1997
要約 隔離ベッドを利用した培地に砂壌土を用いる養液栽培システムは養水管理が容易となり、品質の高いネットメロンを安定的に生産できる。
背景・ねらい 糖度が高く、外観品質の優れるメロンを生産するには
養水分のきめ細やかな管理が必要とされる。
果菜類で主流のロックウール方式は低い水分状態での管理が行いにくいので
メロンの栽培には適さない。そこで、水分管理の行いやすい砂壌土を培地として用い、
タイマー制御の簡易な養液栽培システムによるメロンの栽培を検討する。
成果の内容・特徴
  1. 栽培ベッドはFRP製大型隔離ベッド(幅85cm、高さ20cm)砂壌土(CEC15-16me/100g)
    を充てんし、定植前に完熟稲わら推肥を400kg/a混和する。
  2. ドリップタイプの灌水チューブで定植から受粉期までの日平均給液量は
    0.75リットル/株、果実肥大期には1.0~1.5リットル程度、
    水切り期には0.5リットル/株程度とする。
    タイマー制御で1日2~3回に分けて給液する(図1)。
    培養液は大塚A処方に準じて作成する。濃度は定植~摘心期まで1/2単位、
    摘心期以降3/4単位とする。
  3. 果実肥大期以降は排液率、排液のpH、ECを定期的にモニターし、
    図1を参考にして培養液の濃度や給液量を調整する。
  4. 果実重量1.3kg以上、糖度(BRIX値)15以上の果実が生産できる
    (表1)。
耕種概要
成果の活用面・留意点 給液量、給液濃度は天候や草勢に応じて加減する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010021655
カテゴリ 栽培技術 受粉 水管理 メロン 養液栽培

この記事は