MA包装段ボール箱によるさやえんどうの鮮度保持法

タイトル MA包装段ボール箱によるさやえんどうの鮮度保持法
担当機関 岩手県農業研究センター
研究課題名
研究期間 1997~1998
研究担当者
発行年度 1997
要約 さやえんどうの1kg詰め出荷箱を、現地慣行のアルミ箔内張り段ボール箱や発泡スチロール箱から、ポリエチレンフィルム内張りのMA包装段ボール箱に代えることにより、流通中の萼片褪色や栄養分損耗が効果的に抑制され、商品性が向上する。また、この容器は普通段ボール箱並みの保管・輸送性と廃棄処理の容易性がある。
背景・ねらい さやえんどうは、肥大途上の若莢を収穫するため、
収穫適期幅が狭く、かつ呼吸量、呼吸熱ともに大きい。そのため、
予冷等が不十分な場合、ムレやカビの発生、萼片褪色などの品質低下をきたす。
現行出荷箱のアルミ箔内張り段ボール箱と発砲スチロール箱は、
市場・小売店での廃棄物処理に難点があり、また萼片褪色を防ぐのが難しい。
そこで常温輸送で既存の段ボール箱並の取扱いのよさと
高い鮮度保持効果の得られる資材を検索し、その効果的利用法を明らかにした。
成果の内容・特徴
  1. さやえんどうの1kg詰め出荷箱には、ポリエチレン内張りのMA(Modified Atmosphere)
    包装段ボール箱(以下、MA箱と略)が、アルミ箔内張り段ボール箱や
    発砲スチロール箱に代わる出荷箱として適している。
  2. MA箱は、流通中の萼片褪色や栄養成分損耗を効果的に抑制するため、
    商品性が向上する(図1、
    表1)。
  3. MA箱は、ポリプロピレンテープI張りで密封して出荷する。
    密封しても、従来型出荷箱と同様、真空冷却による予冷が可能である。
図2 貯蔵3日後の各区包装内ガス
成果の活用面・留意点
  1. さやえんどうの新しい鮮度保持包装法として、現場に普及する。
  2. MA箱は、従来型出荷箱より気密性が高いため、真空予冷の際に到達品温を確認し、
    真空予冷時間を適宜調節する。
  3. 資材コストは、発泡スチロール箱>MA箱>アルミ箔内張り段ボール箱、である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010021652
カテゴリ コスト さやえんどう 出荷調整 輸送

この記事は