オウトウ芽枯病の発生防止と授紛樹確保

タイトル オウトウ芽枯病の発生防止と授紛樹確保
担当機関 山形県立園芸試験場
研究課題名
研究期間 1997~1998
研究担当者
発行年度 1997
要約 接木伝染するオウトウ芽枯病の発生防止のためには高接ぎを行わないことが原則であるが、やむを得ず、高接ぎによって授紛品種を確保する場合は、共に高接ぎの経歴がなく本病感受性品種である穂木と中間台の組み合せに限定する。
背景・ねらい 授紛樹の不足を背景に、「佐藤錦」に授紛用の品種を高接ぎした一部園地において
接木伝染性の新病害である芽枯病が発生し問題になっているため、
芽枯病の制御技術を確立する。
なお、本病は接木で伝染し、感受性品種においてのみ
芽、葉、および枝幹に病徴が発現するが、
潜在性品種では保毒しても病徴が発現しないことがこれまで明らかになっている
(H7年度東北農業研究成果情報NO.10、P123-124)。
成果の内容・特徴
  1. 感受性品種は「佐藤錦」「紅秀峰」「紅さやか」「南陽」「ダイアナブライト」、
    潜在性品種は「ナポレオン」「高砂」「香夏錦」「大将錦」である
    (表2、
    H7年度東北農業研究成果情報NO.10、P123-124)。
  2. 本病の発生防止のためには高接ぎを行わないことを原則とする。
    やむをえずに高接ぎによって授紛品種を確保する場合は、以下の条件を遵守する。
    1. 本病の保毒検定済みで、栽植後に接木経歴のない苗木から穂木を採取する
      (表1)。
    2. 発病樹および高接ぎの経歴がある樹から採取した穂木の使用や譲渡は行わない。
    3. 潜在感染品種は保毒の有無を肉眼では判断できないため、
      穂木と中間台は感受性品種同士に限る。
成果の活用面・留意点
  1. 授紛樹は交配和合性、開花時期および経済性を考慮し混植する。
  2. 未知の接木伝染性病害による被害を回避するため、
    授紛品種を確保するための高接ぎは最小限にとどめる。
  3. 本病の病原体は現在のところ不明である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010021636
カテゴリ おうとう 高接ぎ 品種

この記事は