裂果しにくいオウトウ新品種候補「Jのしずく」

タイトル 裂果しにくいオウトウ新品種候補「Jのしずく」
担当機関 青森県畑作園芸試験場
研究課題名
研究期間 1997~1997
研究担当者
発行年度 1997
要約 「Jのしずく」は、「ナポレオン」に「マートン・グローリー」を交配して育成された系統である。「佐藤錦」の後に収穫される中生品種であり、収穫期の降雨による裂果が少ないため、雨よけ施設が不要である。果汁が多く、適度の酸味があり食味は良好である。
背景・ねらい オウトウは、収穫期の降雨により裂果が多発し、商品価値が著しく低下する。
このため、オウトウの栽培においては、
裂果防止のための雨よけ施設が必要となっており、
収穫期の降雨による裂果が少なく、雨よけ施設がなくても十分栽培が可能で、
食味が良好な新品種が求められている。
成果の内容・特徴
  1. 育成経過
    1973年に青森県畑作園芸試験場で「ナポレオン」に「マートン・グローリー」
    を交配して育成した系統であり、
    これまで「おうとう青森1号」として特性調査を行ってきた。
    1997年に「Jのしずく」として品種登録申請を行った。
  2. 特性
    1. 樹姿は開張性、樹の大きさ、枝梢の太さは中程度であり、枝の発生も多い。
      樹勢及び節間長は「佐藤錦」と同程度である。
      葉の大きさは中位、形は短楕円で、蜜腺の形は腎である。
      花芽の着生は良好で、豊産性である。
    2. 開花始めは5月上旬(育成地:青森県三戸郡五戸町)であり、
      開花期は「佐藤錦」とほぼ同時期である。
    3. 果形は短心臓形、大きさは約7gで「佐藤錦」より大きい。
      果皮色は濃赤で、着色は良好である。果肉は乳白色で、肉質は柔らかい。
      果汁が多く屈折計示度は平均14.8%、リンゴ酸含量は平均0.58%である。
      食味や甘酸適和で良好であり、「佐藤錦」に比べやや酸味が多い。
      収穫期は「佐藤錦」よりやや遅く、6月下旬から7月上旬頃であり、
      満開日から収穫始めまでの日数は51~55日程度である。
      (表1)
    4. 収穫期の降雨による裂果は「佐藤錦」や「北光」よりも少なく、耐裂果性に優れる。
      (表2)
    5. 室温で放置した場合の日持ち性は「佐藤錦」よりも短い。
      (表3)
    6. 「佐藤錦」及び「南陽」で結実率が低く、
      「ナポレオン」、「香夏錦」、「北光」、「サミット」で結実率が高い。
      また、自家和合性は低い。(表4)
成果の活用面・留意点
  1. 裂果が少ないため、雨よけ施設は不要である。
  2. 主に観光オウトウ園等での即売用とするのが望ましい。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010021635
カテゴリ おうとう 新品種 品種 良食味 りんご 裂果防止

この記事は