岩手県北部におけるアワ、ヒエ、キビの優良系統

タイトル 岩手県北部におけるアワ、ヒエ、キビの優良系統
担当機関 岩手県農業研究センター
研究課題名
研究期間 1992~1997
研究担当者
発行年度 1997
要約 アワ「虎の尾」、「大槌10」、ヒエ「軽米在来(白)」、キビ「田老系」、「釜石16」は岩手県北部に適し、収量・品質の面において優れる。
背景・ねらい アワ、ヒエ、キビの栄養価が再評価され、機能性も明らかになってきている。
また、ほとんどが無農薬の栽培であり、消費者の健康食志向から需要が伸びている。
このような情勢に対応して、本県では新需要穀類の生産振興を図っており、
アワ、ヒエ、キビの優良系統の選定が求められていた。
成果の内容・特徴 品種・系統の特性
  1. アワ
    1. 「虎の尾」は原粒色が黄、精白粒色が黄の粳種で、穂型は円筒型、稈長は150cm、
      穂長は40cm程度であり、出穂期は8月上旬、成熟期は9月中旬~10月上旬である。
    2. 「大槌10」は原粒色が黄、精白粒色が乳白の糯種で、穂型は円筒型、稈長は140cm、
      穂長は20cm程度であり、出穂期は8月上旬~中旬、成熟期は9月中旬~10月上旬である。
  2. ヒエ
    1. 「軽米在来(白)」は原粒色が灰褐色、精白粒色が淡黄褐色の粳種で、
      穂型は紡錘型、稈長は150cm、穂長は15cm程度であり、
      出穂期は8月上旬~中旬、成熟期は9月上旬~下旬である。
  3. キビ
    1. 「田老系」は原粒色が黄褐色、精白粒色が黄白色の粳種で、
      穂型は寄穂型、稈長は140cm、穂長は40cm程度であり、
      出穂期は7月下旬~8月上旬、成熟期は9月上旬~下旬である。
    2. 「釜石16」は原粒色が褐色、精白粒色が黄白色の糯種で、
      穂型は平穂型、稈長は130cm、穂長30cm程度であり、
      出穂期は8月上旬、成熟期は8月下旬~9月下旬である。
表1 生育ステージ及び収量
表2 品質及び特徴
成果の活用面・留意点 特性は岩手県北部での栽培におけるものである。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010021608
カテゴリ あわ 機能性 きび 農薬 ひえ 品種

この記事は