直播栽培米の精米タンパク含有率と食味官能評価

タイトル 直播栽培米の精米タンパク含有率と食味官能評価
担当機関 山形県立農業試験場
研究課題名
研究期間 1994~1998
研究担当者
発行年度 1997
要約 山形農試での直播栽培した品種「はえぬき」の食味特性を移植栽培と比較した結果、平方メートルもみ数29,000~32,000粒、出穂後45日間の平均気温21度C以上の範囲で、精米タンパク含有率が高く、食味官能評価が同等以上であった。
背景・ねらい 直播栽培における食味水準は、評価が定まっていない。
そこで、直播栽培と移植栽培した山形農試産の品種「はえぬき」について、
食味特性を比較検討した。
成果の内容・特徴
  1. 直播栽培米の食味特性
    「はえぬき」の食味特性として、
    平方メートルもみ数29,000~32,000の適正な範囲で栽培され、
    出穂後45日間の平均気温21度C以上で登熟した直播栽培米は、
    移植栽培より精米タンパク含有率が低く、食味官能評価が同等以上であった。
  2. 直播栽培米の精米タンパク低下、食味向上要因(移植栽培比較)
    図1 出穂後45日間平均気温と精米タンパク含有率
    図2 出穂後45日間平均気温と食味官能値
    図3 もみ数と千粒重
    図4 もみ数と精米タンパク含有率
    図5 もみ数と食味官能値
成果の活用面・留意点
  1. 出穂が遅延し、出穂後45日間の平均気温が21度C未満になると、
    適正なもみ数水準にもかかわらず、
    食味評価が低下するので出穂の促進に努めることが重要である。
  2. 食味分析米の条件は、1993~1997年までの山形農試の直播栽培試験と
    移植栽培(作況、奨励品種調査)試験による品種「はえぬき」
    の直播54サンプル、移植27サンプルについて、
    透過型近赤外分析計で精米タンパク含有率を測定するとともに、
    移植ササニシキを基準とした食味試験を行い、食味官能を評価したものである。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010021575
カテゴリ 近赤外分析 直播栽培 品種 良食味

この記事は