緩効性肥料を用いた隔年桑園施肥法

タイトル 緩効性肥料を用いた隔年桑園施肥法
担当機関 山形県蚕糸総合研究センター
研究課題名
研究期間 1996~1998
研究担当者
発行年度 1996
要約 緩効性肥料を用いて2年1回の施肥を行っても慣行の施肥法に比し収量等には影響が小さいので、本法が大規模桑園を省力的に分割管理する上で有効であることを示した。
背景・ねらい 年間飼育回数10回、繭生産量10トンを目指した先進国型養蚕業を早期に確立するには、
特に蚕の飼育期間中における大規模桑園の雑草防除、病害虫防除、施肥作業
等の管理の大幅な省力化が最大の課題である。
その中でも、特に収量に最も影響を与え、
適期作業を逸しやすい施肥作業について緩効性肥料を用い、
2年1回施肥の可能性について検討した。
成果の内容・特徴
  1. 春切、夏切枝条の生育は2年1回施肥でも大きな影響はみられない。
    (図1、2)
  2. 収量は2年1回施肥が慣行施肥に比し少ない傾向がみられるが差が小さく、
    隔年施肥が可能である。
    (表1)
成果の活用面・留意点
  1. 緩効性肥料は慣行肥料に比べコスト高となるので
    大規模経営の桑園管理のため効率的に活用する。
  2. 特に積雪地での管理に適応する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010021529
カテゴリ カイコ コスト 雑草 省力化 施肥 大規模経営 病害虫防除

この記事は