ダイコン掘取機の改良による収穫・搬出作業の省力化

タイトル ダイコン掘取機の改良による収穫・搬出作業の省力化
担当機関 青森県農業試験場
研究課題名
研究期間 1996~1998
研究担当者
発行年度 1996
要約 ダイコン掘取機の改良、コンテナ用台車と移動用フレームの開発・利用により、掘取り・収納作業を同時に行うことが、また、人力による搬出が可能である。これにより労働負担が軽減し、労働時間は現行の作業に比べて、約40%に省力化される。
背景・ねらい 重量野菜のダイコンは、収穫の労働負担が大きく、
労働力不足や農業者の高齢化の進行に伴い、収穫作業の機械化が急務となっている。
そこで、現在市販されているダイコン掘取機(K・DH-100)を改良し、
新たに搬出作業の簡易化を図るための装置を開発して、
収穫から搬出までの一貫作業化を目指す。
図1 人力及び改良機の作業状況の略図
成果の内容・特徴
  1. 改良点と開発の内容(図2)
    1. 収納作業
      ダイコン掘取機にベルトコンベアを装着して、ダイコンを横向きに搬送し、
      ダイコン受け皿を装着して、収納作業に余裕をもたせる。
    2. 葉切り作業
      ダイコン掘取機に葉切りカッターを装着して、収納前に茎葉を荒切りする。
    3. 搬出作業
      トラクタでけん引した台車に移動用フレームを設置して、
      500kg詰めコンテナを積載することにより、
      ダイコンの収納が終わったコンテナをトラックに人力で搬出することができる。
  2. 作業能率及び労働時間
    作業能率は、収穫から搬出まで10a当たり約4時間で、労働時間は約11時間である。
    現行の収穫から搬出までの労働時間(26.4hr/10a)の約60%を減少できる。
    (表1)
  3. 作業精度
    搬送ベルトがダイコンの首部を挟んだ時に発生する損傷ダイコンの割合は
    1.4%位である。(表1)
  4. 組作業人員
    オペレーター1名、作業者2名の計3人。(表1)
成果の活用面・留意点 ダイコン掘取機がトラクタ右側装着のため、
ほ場条件により1行程目のダイコンを手掘りする必要がある。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010021512
カテゴリ 機械化 省力化 重量野菜 だいこん

この記事は