マルメロごま色斑点病の発生と防除法の検討

タイトル マルメロごま色斑点病の発生と防除法の検討
担当機関 秋田県果樹試験場
研究課題名
研究期間 1993~1996
研究担当者
発行年度 1996
要約 マルメロごま色斑点病に対してTPNフロアブル1000倍及びジラム・チウラム水和剤600倍の防除効果が高かった。本病は5月中旬から秋期まで発生をくり返すが、開花直前から9月上旬頃まで本剤を15~20日間隔で散布することにより防除が可能であった。
背景・ねらい マルメロごま色斑点病は、1987年に秋田県のマルメロ主要産地である森吉町や
鹿角市で、初発が確認された後、現在ではマルメロ栽培園全域に拡大し、
マルメロの重要病害のひとつになっている。
本病は東北地方における発生生態が不明であるのに加え、
防除法が確立されていないため、効果の高い防除剤の検索と防除法について検討した。
成果の内容・特徴
  1. ごま色斑点病葉上病斑は、5月中旬に初発生後6月上旬から中旬に急増し、
    その後秋期まで二次感染をくり返した(図1)。
  2. 防除効果の高い薬剤はTPNフロアブル1000倍であり、
    次いでジラム・チウラム水和剤600倍であった
    (表1)。
  3. 6月末までの一次感染期における重点防除期は5月中~下旬であり、
    最終散布時期は9月上旬頃と考えられた(表2)。
  4. TPN剤を主体に開花直前から8月末~9月上旬頃まで約20日間隔で散布することにより、
    本病を防除することができた(表3、表4)。
成果の活用面・留意点
  1. 開花直前から7月上旬まではごま色斑点病及び黒点病の重点感染期であるので、
    この期間降雨が多いときは散布間隔を短縮する。
  2. 有袋栽培を行う場合は、TPN剤を散布した後に被袋する。
  3. 現在、本病に対する登録薬剤がないので、当該薬剤が農薬登録された後に普及に移す。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010021487
カテゴリ くり ごま 農薬 防除 マルメロ 薬剤

この記事は