早生の晩,良質,良食味,耐冷性水稲新品種「山形54号」

タイトル 早生の晩,良質,良食味,耐冷性水稲新品種「山形54号」
担当機関 山形県農業試験場
研究課題名
研究期間 1996~1996
研究担当者
発行年度 1996
要約 水稲「山形54号」は、葯培養で育成した早生の晩の良食味系統である。耐冷性が極強、品質が極良質で安定していることから中山間部の主要品種、平坦部の作期拡大用品種として山形県の優良品種に採用された。
背景・ねらい 山形県では、平成5年の大冷害に見られたように、
中山間~山間地帯では作柄安定のため、
耐病性、耐冷性の強い早生品種が求められている。
平坦地帯では、早生~晩生品種の組合せによる作期の拡大、危険分散を図るため品質、
食味の安定した早生品種の要望も強い。
成果の内容・特徴
  1. 「山形54号」は、昭和63年に山形県農業試験場庄内支場において、「庄389
    (庄内32号/東北128号)」を母に、「東北143号(ひとめぼれ)」を父として交配し、
    F2世代の葯培養により早期に遺伝的固定をはかり、
    F2A2世代以降を、系統育種法で選抜、育成した品種である。
  2. 熟期は「はなの舞」と「キヨニシキ」の間の早生の晩、
    草型は、中稈・中間型である。
  3. 耐冷性は「はなの舞」並の極強、耐倒伏性は「キヨニシキ」並の中、
    穂発芽性は「ホウネンワセ」並のやや難である。
  4. いもち病真性遺伝子型はPi-iと推定され、ほ場抵抗性は葉いもち、
    穂いもちとも中である。
  5. 収量性はやや低いが、品質が極めて良く、食味も「ササニシキ」並である。
  6. 山形県内の中山間~平坦地帯に適応するが、現状では、2,500ha程度の普及面積が
    見込まれる。
    (山形54号の特性一覧)
成果の活用面・留意点 耐倒伏性、いもち病抵抗性は中程度なので、極端な多肥栽培は避け、適正な水管理、
いもち病防除に留意する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010021425
カテゴリ 育種 いもち病 新品種 水稲 中山間地域 抵抗性 凍害 品種 防除 水管理 良食味

この記事は