宮城県における安定多収,酒造好適水稲新品種候補「東北154号」の採用

タイトル 宮城県における安定多収,酒造好適水稲新品種候補「東北154号」の採用
担当機関 宮城県農業センター
研究課題名
研究期間 1996~1996
研究担当者
発行年度 1996
要約 水稲奨励品種候補「東北154号」は、中生、穂いもち及び耐冷性が強い多収の酒造好適粳種である。宮城県における酒造好適米生産の安定化と特産酒の生産を図るため奨励品種に採用する。
背景・ねらい 酒造好適奨励品種「美山錦」は、耐冷性、いもち病抵抗性が不十分で、品質、作柄が
不安定なことから作付けが伸び悩んでいる。
実需者からの酒造好適米生産の要望は強く、
また、宮城県独自の酒造好適品種も望まれていた。
成果の内容・特徴
  1. 「東北154号」は、宮城県古川農業試験場において
    中生の酒造好適米品種を目標に「山田錦」を母とし、「東北140号」を父として
    1987年8月に交配され、同年12月に「東北140号」を母とし、F1を父として
    戻し交配を行い育成された系統である。
  2. 「東北154号」は「美山錦」より出穂期で2日程度、
    成熟期で1日程度遅い中生種である。
  3. 耐冷性及び穂いもち抵抗性が“強”で穂数が多く、
    「美山錦」より収量は安定して高い。
    (特性一覧)
  4. 心白の発現は少なく、精米時間がやや長くかかるが、大粒で砕粒歩合及び無効精米
    歩合とも「美山錦」より低い。
  5. 醸造特性は酸度、アミノ酸度が少なく良好で、官能評価も「美山錦」と差が見られ
    ず同等の酒造好適性を持つ。
    (酒造原料白米の性状及び製成酒の成分等)
    (製成酒の官能評価)
  6. 宮城県の平坦地帯及び西部丘陵地帯が適応地帯で、約200haの作付けが期待できる。
    (普及見込み地帯)
成果の活用面・留意点
  1. 宮城県の“酒米の里”づくりの主要品種として位置づけ、これら地域の活性化及び
    宮城県特産酒の生産に寄与する。
  2. 葉いもちは“中”程度なので、発生動向に留意し防除を徹底する。
  3. 「美山錦」に準じた酒造好適品種の調整法(2.0mm)を徹底する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010021422
カテゴリ いもち病 酒造好適米 新品種 水稲 抵抗性 品種 防除

この記事は