酒造好適米新品種候補「東北154号」

タイトル 酒造好適米新品種候補「東北154号」
担当機関 宮城県古川農業試験場
研究課題名
研究期間 1996~1996
研究担当者
発行年度 1996
要約 水稲「東北154号」は、東北中南部では中正の晩の酒造好適米である。障害型耐冷性が強く、収量性が高く、大粒で醸造特性は「美山錦」と同等に良好であり、宮城県で「美山錦」の一部に代えて奨励品種に採用される予定である。
背景・ねらい 東北中南部で栽培されている酒造好適米「美山錦」は耐倒伏性が弱く、
耐冷性も不十分で生産が不安定であり、
良質で安定した多収の酒造好適米が要望されている。
当場では耐冷性、耐倒伏性、耐病性が強く、
大粒で低タンパク質の酒造好適米を育成しようとした。
成果の内容・特徴
  1. 「東北154号」は宮城県古川農業試験場において「東北140号」を母とし、
    「山田錦」と「東北140号」のF1を父として交配し、
    その後代から育成した系統である。
  2. 「東北154号」の出穂・成熟期は「美山錦」よりやや遅く、
    育成地では“中生の晩”の粳種である。
    稈長は「美山錦」より短く“中”、草型は“穂数型”で、耐倒伏性は
    「美山錦」よりやや強く“中”で、収量性は「美山錦」より多収である。
  3. いもち病真性抵抗性遺伝子型は“+”と推定され、圃場抵抗性は葉いもちは“中”、
    穂いもちは“強”、障害型耐冷性は「美山錦」より強く“強”、穂発芽性は“難”
    である。
  4. 玄米の外観品質は腹白、乳白が少なく、タンパク質含有率は「美山錦」より低く
    “やや低”である。
    (特性一覧表)
  5. 原料米の整粒千粒重は「美山錦」並、心白発現率は「美山錦」より低く、
    65%精米の吸水は「美山錦」より早く、吸水量は多く「山田錦」並で、
    蒸米吸水率は「美山錦」並で、直接還元糖は「美山錦」よりやや少なめであり、
    直接ホルモール窒素は「美山錦」より低く、酒造適性は「美山錦」並である。
  6. 製成酒は、「美山錦」より酸度、アミノ酸度が低い。
    アルコール濃度は「美山錦」並かやや低く、粕歩合は「美山錦」よりやや高く、
    アルコール収得量は「美山錦」よりやや少なめである。
    官能評価は「美山錦」と同等かやや良好である。
    (酒造特性一覧表)
  7. 宮城県では「美山錦」対象に奨励品種に採用予定であり、
    “酒米の里”づくりによる地域活性化を図る地域で「ひとめぼれ」、
    「ササニシキ」の一部も代替し、酒造好適米の生産を拡大する。
    普及見込み面積は200haである。
成果の活用面・留意点
  1. 追肥時期は幼穂形成期を基準とし玄米のタンパク質含有率が高まるので、
    減数分裂期以降の追肥はしない。
  2. 葉いもち抵抗性は“中”であり、適期防除に努める。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010021421
カテゴリ いもち病 酒造好適米 新品種 水稲 抵抗性 抵抗性遺伝子 品種 防除

この記事は