耐冷・耐病・良質・良食味水稲新品種候補「東北152号」

タイトル 耐冷・耐病・良質・良食味水稲新品種候補「東北152号」
担当機関 宮城県古川農業試験場
研究課題名
研究期間 1996~1996
研究担当者
発行年度 1996
要約 水稲「東北152号」は葯培養で育成した系統であり、東北中南部では中生の晩に属する。対倒伏性が強く、耐冷性が強、いもち病抵抗性が強、良質で良食味である。平成9年から宮城県、福島県で奨励品種に採用され、「ひとめぼれ」、「初星」、「チヨニシキ」の一部に代えて普及する。
背景・ねらい 東北地方中南部で作付されてきた「ササニシキ」、「ひとめぼれ」等の主力品種は
いもち病に弱く、耐倒伏性も弱いので、
これらの良食味品種の弱点を改善しようとした。
成果の内容・特徴
  1. 水稲「東北152号」は昭和63年に宮城県古川農業試験場において、
    「チヨニシキ」を母とし、「東北143号」(後の「ひとめぼれ」)を父として交配し、
    その雑種第一代の葯培養により育成した系統である。
  2. 出穂期、成熟期は「ひとめぼれ」並で、育成地では“中生の晩”の粳種である。
  3. 稈長は「ひとめぼれ」よりやや短く“中”、
    耐倒伏性は「ひとめぼれ」より明らかに強く“やや強”、
    収量性は「ひとめぼれ」に優り「チヨニシキ」並である。
  4. いもち病真性抵抗性遺伝子型は“Pi-i 型”と推定され、
    圃場抵抗性は葉いもちには“やや強”、穂いもちには“強”である。
    障害型耐冷性は「ひとめぼれ」よりわずかに劣る“強”で、
    穂発芽性は“難”である。
  5. 玄米品質は「ひとめぼれ」並の“上の中”、
    食味は「ひとめぼれ」に近い“上の中”である。
  6. 寒冷地中南部の平坦地帯に適する。宮城県で「ひとめぼれ」の一部に代えて、
    福島県では「初星」、「チヨニシキ」の一部に代えて奨励品種に採用の予定であり、
    普及見込み面積は各々4,000ha及び6,900haである。
    (特性一覧表)
成果の活用面・留意点
  1. 「ひとめぼれ」等の対照品種に比べて穂数が少ないので、
    茎数及び穂数の確保に努める。
  2. 白葉枯病抵抗性が“やや弱”であり、常発地での栽培は避ける。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010021418
カテゴリ いもち病 新品種 水稲 抵抗性 抵抗性遺伝子 品種 良食味

この記事は