高α-リノレン酸含有卵生産のためのエゴマ圧搾ミールとエゴマ種実の飼料配合効果

タイトル 高α-リノレン酸含有卵生産のためのエゴマ圧搾ミールとエゴマ種実の飼料配合効果
担当機関 青森県畜産試験場
研究課題名
研究期間 1993~1995
研究担当者
発行年度 1995
要約 エゴマの圧搾ミール及び種実は飼料にそれぞれ22%及び3%配合することによって卵黄内α-リノレン酸含量が通常卵より約4倍高い卵を生産できる。また、入手価格が圧搾ミール100円/kg、種実500円/kgの条件下では種実給与が圧搾ミール給与により経済性に優れる。
背景・ねらい 鶏卵は消費ニーズの多様化・高度化に対応した市場性の高い商品の開発が重要となっている。著者らはすでにエゴマ種実(以下種実)を鶏に給与することによって、卵黄内α-リノレン酸含有率が高い卵が生産できることを明らかにしている。しかし種実の価格は500円/kgと高いものである。一方、エゴマ圧搾ミール(以下ミール)が販売されているがその価格は100円/kgであり、ミール給与による生産費の低減が期待される。そこで、ミールの飼料配合率が卵黄内α-リノレン酸含有率に与える影響を明らかにし、前報の種実の飼料配合効果及び経済性と比較する。
成果の内容・特徴
  1. ミールのα-リノレン酸含有率は3.7%、種実の約1/6の値である(表1)。なお、通常飼料は0.24%、通常卵黄及びエゴマ生葉は0.17%のα-リノレン酸含有率である(表1)。
  2. ミール及び種実の10%配合給与によって卵黄内α-リノレン酸含有率は無給与区に比べそれぞれ2.3倍及び11.7倍増加する(表2)。
  3. 卵黄内α-リノレン酸含有率は飼料配合率を2.5%増加するとミール給与で0.06ポイント、種実給与で0.49ポイントずつ増加する(表2)。したがって、ミール飼料配合効果は種実の約1/8である。
  4. 卵黄内α-リノレン酸含有率を付加価値が付くと考えられる通常卵黄値の4倍高くすると想定した場合、ミールは21.25%、種実は2.75%の配合が必要である(表2)。
  5. 鶏卵1kg生産に要するエゴマ購入費はミール21.25%配合で53円、種実2.75%配合で34円である(表2)。
成果の活用面・留意点 経済性試算はミール及び種実の入手価格により結果が変わる。入手価格(a)が上記と違う場合、給与飼料量(b)及び配合率(c)からエゴマ購入費(d)を求めて比較する。簡易式は次のとおりである。
エゴマ購入費(d)=入手価格(a)×鶏卵1kg生産に要する飼料量(b)×配合率(c)
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010021394
カテゴリ えごま

この記事は