胚培養により育成した花ゆり・みやぎFL3号

タイトル 胚培養により育成した花ゆり・みやぎFL3号
担当機関 宮城県農業センター
研究課題名
研究期間 1995~1995
研究担当者
発行年度 1995
要約 シンテッポウユリとヒメサユリを花柱切断受粉法を用い交配し、受精胚を培養して鮮紫ピンク(JHSカラーチャート:9505)の切り花向きの極早生品種みやぎFL3号を育成した。
背景・ねらい 新食糧法の施行や新農政プランの推進など戦後農政の大転換期にあたり、水稲偏重の宮城の農業における新たな展開として園芸の振興が急務となっている。園芸振興ではオリジナルなブランドとして独自の品種・品目を保持することは戦略上もっとも重要である。そこで宮城のオリジナル花ゆり品種を育成するために、シンテッポウユリとヒメサユリを花柱切断受粉法で交配し胚培養を行った結果、平成7年度に「みやぎFL1号、2号」の2品種を育成し種苗登録申請した。今回はこれらに続く優良系統を選抜した。
成果の内容・特徴
  1. シンテッポウユリ(あずさ2号の選抜系)とヒメサユリ(青木系)を花柱切断受粉法で交配し、その受精胚を培養して花ゆりの種間雑種を育成したものである。
  2. みやぎFL3号(旧FR-302)は鮮紫ピンク(JHSカラーチャート:9505)の切り花向き極早生品種である(表1)。
  3. 花径は対照品種のロートホルンやテッポウユリ及びヒメサユリより大型である(表1)。
  4. みやぎFL3号の花房の形状は対照品種と同じ散形花序で花形はテッポウユリ型である(表1)。
  5. みやぎFL3号の葉身の形は広披針形で、葉幅と長さは対照品種より大型である(表1)。
  6. みやぎFL3号は木子及び珠芽は着生しない(表1)。
  7. みやぎFL3号の球根の形はテッポウユリと同じで、色は黄色である(表1)。
成果の活用面・留意点 種苗登録を行うとともに‘みやぎFL1号、2号’と現地展示圃を設置し、県内に普及することにより花き産業の振興に役立てる。葉枯れ病、ウイルス病に対する抵抗性は特に認められないので、アブラムシと葉枯れ病の防除を徹底し、栽培はパイプハウスの雨よけ栽培とする。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010021365
カテゴリ カラー 受粉 水稲 抵抗性 品種 防除 ゆり

この記事は