難穂発芽性・良質小麦品種「しゅんよう」の採用

タイトル 難穂発芽性・良質小麦品種「しゅんよう」の採用
担当機関 福島県農業試験場
研究課題名
研究期間 1995~1995
研究担当者
発行年度 1995
要約 小麦品種「しゅんよう」は、「ワカマツコムギ」より早熟で、収量性・外観品質が優れる。また、難穂発芽性で、安定した加工適性を有することから、福島県会津地域を中心とした小麦作の安定化が期待できる。
背景・ねらい 福島県会津地域対象の奨励品種である「ワカマツコムギ」は、耐雪性に優れた強稈・多収の優良品種である。しかし、成熟期が6月6半旬から7月1半旬とやや遅く、収穫期が梅雨盛期と重なることから雨害にあいやすく、安定した品質の確保が困難であった。このため、「ワカマツコムギ」並の優れた栽培特性を有し、さらにより早熟な良質品種の導入が要望されていた。
成果の内容・特徴
  1. 「しゅんよう」は耐寒性・多収・良質を目標に、昭和53年度に長野県農事試験場で「東北148号」と「東山10号」を交配し、系統育種法により選抜・固定を図り育成された品種である。
  2. 「ワカマツコムギ」より出穂期で6日、成熟期で4日早い中生種である。
  3. 稈長は「ワカマツコムギ」より5cm程度長いが、耐倒伏性は同程度の「強」である。
  4. 穂長は「ワカマツコムギ」より短く、穂数はやや多い。
  5. うどんこ病抵抗性は「ワカマツコムギ」と同程度だが、赤さび病・赤かび病はやや弱い。
  6. 穂発芽性は「ワカマツコムギ」より優る「やや難」である。
  7. 耐雪性は「ワカマツコムギ」よりやや劣り、「アオバコムギ」並の「中」である。
  8. 収量性は「ワカマツコムギ」並の多収品種である。
  9. 千粒重は「ワカマツコムギ」並の中粒で、見かけの品質は「ワカマツコムギ」に優る。
  10. アミログラムの最高粘度は「ワカマツコムギ」より高く、より安定した品質を有する。
  11. 粗蛋白含有率は「ワカマツコムギ」よりやや高く、「トヨホコムギ」並である。
    (表1 「しゅんよう」の特性一覧)
成果の活用面・留意点
  1. 耐雪性が「中」であるため、適応地帯は福島県下の根雪期間が90日以下の地域とする。
  2. 穂数型の品種であるので、適切な肥培管理により十分な穂数の確保に努める。
  3. 赤さび病、赤かび病等に弱いので防除を励行する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010021280
カテゴリ 育種 うどんこ病 加工適性 小麦 耐寒性 抵抗性 肥培管理 品種 防除

この記事は