ポット稚苗移植法による桑園造成技術体系とその経済性の評価

タイトル ポット稚苗移植法による桑園造成技術体系とその経済性の評価
担当機関 山形県蚕糸総合研究センター
研究課題名
研究期間 1994~1994
研究担当者
発行年度 1994
要約 桑古条の1芽(長さ4cmの1芽種茎)を利用して育成したポット稚苗による簡易な桑園造成技術は、従来の苗木密植桑園に比し、造成労力、経費ともに大幅な節減が可能である。
背景・ねらい 1芽種茎によるポット稚苗の育成法とそれに対応する移植機の開発を行い、植付作業の
機械化による桑園造成機械化一貫技術の確立とその経済性を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. ポット稚苗は桑古条の1芽(芽を中心に約4cm)を利用して育成する。
  2. 桑品種は剣持、しんけんもち、あおばねずみ、ゆきまさり、みつしげり、ゆきあさひの
    6品種が利用可能である。
  3. 穂木の前年収穫取扱は春切枝条では初秋蚕期以降利用したもの、夏切枝条は晩秋蚕期
    80cm以上残し伐採したものを使用する。
  4. 稚苗の育成は、穂木採取(初冬期、春発芽前)→1芽種茎の調製(播種前日)→浸漬処理
    (調製後1晩)→播種(圃場植付予定30日前)→育成(ビニールハウスで30日間)と順次
    行うことで安定した活着が得られる。
  5. 開発・改良した桑稚苗用移植機は1時間当たり1,500~1,600本のポット稚苗の移植が
    可能である。
  6. 10a当たりの造成時間は35.0時間、経費は95,300円で、両者とも苗木密植桑園の1/2弱
    である。
表1 ポット稚苗移植法による桑園造成技術体系
表2 造成経費比較
成果の活用面・留意点
  1. 1芽種茎の播種時期が4月上・中旬の場合、ビニールハウス内温度を25~30度Cに加温し、
    それ以降は無加温で行う。
  2. 圃場の植付畦には必ず黒色ポリフィルムでマルチを行う。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010021229
カテゴリ 機械化 播種 品種

この記事は