夏秋ギク型スプレイギクの開花反応

タイトル 夏秋ギク型スプレイギクの開花反応
担当機関 山形県立園芸試験場
研究課題名
研究期間 1994~1996
研究担当者
発行年度 1994
要約 供試した23品種の夏秋ギク型スプレイギクの日長に対する開花反応は、短日処理では開花促進のほか、花房の品質向上効果がみられ、長日では開花抑制する。それらの効果は品種間差が大きい。
背景・ねらい スプレイギクはホームユース用として需要の増加が期待できる。本県の夏秋期の気象に
適した夏秋ギク型スプレイギクについて、開花調節による産地化を図るため、開花反応
を調査する。
成果の内容・特徴
  1. 短日による発蕾・開花促進
    促進日数は、自然開花が早い品種では小さく、遅い品種では大きい傾向が見られる。
    特に「プリティ」「フルート」「キャンドル」は短日処理効果が小さく、
    「キャッスル」「マイハープ」「ケルン」「レモネード」「レイク」では大きい
    (図1)。
  2. 短日による花房型の変化
    花房型は短日により良質化する傾向がみられる。しかし、短日による開花促進効果が
    小さい品種は、良質化の程度が小さい
    (図1)。
  3. 長日による発蕾・開花抑制
    全品種で抑制され、全株発蕾は12品種、全株未発蕾は「アルカディア」
    「セントメモリー」「プリティ」「ケルン」の4品種である。また、全株が開花したのは
    「フルート」の1品種、50%以上開花したのは「ジュンブライド」「ブライダル」
    「モカ」の3品種である
    (図2)。
  4. 長日による花房型の変化
    長日は花房型を不良にする品種がほとんどである
    (図2)。
成果の活用面・留意点
  1. 夏秋ギク型品種のシェード・電照による開花調整技術の開発に利用する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010021220
カテゴリ 開花調整 品種

この記事は