寒冷地の無加温ハウスにおけるナバナ「オータムポエム」の播種期と育苗法及び摘心時期

タイトル 寒冷地の無加温ハウスにおけるナバナ「オータムポエム」の播種期と育苗法及び摘心時期
担当機関 秋田県農業試験場
研究課題名
研究期間 1994~1996
研究担当者
発行年度 1994
要約 寒冷地の無加温ハウスにおいて、冬期間に継続してナバナを収穫するための適播種期は9月中旬で、収量は200kg/aが可能である。9月播種の育苗日数は、セルトレイ50穴、72穴で21日以内、98穴で14日以内が適当である。摘心時期は出蕾期が良い。
背景・ねらい 秋田県は冬期間に多雪、低温、寡日照の気象条件となるため、冬期野菜の生産量が
著しく少ない。そこで、耐凍性、低温伸長性の高いナバナの栽培法を確立し、冬期野菜
の生産振興と施設の有効利用について検討する。
成果の内容・特徴
  1. 播種期を遅らせると収量確保に必要な主茎の着葉数(10枚程度、1次分枝数で8~10本)
    が減少する。9月30日以降の播種では、葉面積、生体重ともに低下が著しい
    (表1)。
  2. 9月10日、21日播種では冬期間(12月から3月)継続して収穫でき、収量も200kg/a以上
    になる。しかし、8月5日播種及び9月30日以降の播種では、冬期間の継続した収穫は
    できない(表2)。
  3. 育苗日数はセルトレイの50穴、72穴では21日以内、98穴では14日程度が適当である。
    長期育苗は老化苗となり、定植から10月中旬の出蕾期までの日数が短く、草勢が
    十分確保できないことから、1次分枝の収穫本数が少なく、収量が低下する
    (表3)。
  4. 出蕾期に主茎を摘心(そのまま伸ばせばB級品)することにより、A級品となる1次および
    2次分枝の収量が増加する(表4)。
成果の活用面・留意点
  1. ハウス内気温が-5度C以下になると、凍害による裂皮、表皮剥離等の危険性があるので、
    2重カーテン、不織布トンネル等の保温帯作が必要である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010021211
カテゴリ 育苗 栽培技術 凍害 なばな 播種

この記事は