早生・大粒・短稈はとむぎ「はとじろう」の栽培法

タイトル 早生・大粒・短稈はとむぎ「はとじろう」の栽培法
担当機関 秋田県農業試験場
研究課題名
研究期間 1991~1994
研究担当者
発行年度 1994
要約 はとむぎ「はとじろう」は「中里在来」に比べ、早生、大粒で、標準播種期で a当たり 40.7kgの収量が得られる。密植及び多肥条件では 8%増収し、百粒重は変わらない。
背景・ねらい 秋田県中部を中心とした仙北地域は湿田が多く、また、
10月以降の降水量が多いことから転作作物の大豆生産は、
収穫後の乾燥が悪いために不適地であり、
これらの地域に適応する転作作物の導入が望まれていた。そこで、
湿田でも栽培が可能で、定植から収穫までの機械化一貫栽培のできる、
はとむぎが有望視され、青森県の在来種である「中里在来」が導入された。
しかし、「中里在来」は晩生で成熟期が遅く、
収穫期には稲作との労力競合があったために、
早生で、収量性が高く、コンバイン収穫に適する品種の育成が求められていた。
平成 6年に東北農試で早生の「はとじろう」(東北 2号)が育成されたので、
栽培法の確立が望まれていた。
成果の内容・特徴
  1. 標準栽植密度は a当たり 761株(1株2本)で、
    収穫時の殻実重は 40.7kgの収量である
    (表-1)。
  2. 密植・多肥栽培で草丈は若干増加する
    (表-2)。
  3. 密植・多肥栽培で殻実重は 8%増収する
    (表-2)。
  4. 密植・多肥栽培で百粒重は変化しない
    (表-2)。
  5. 以上のことから「はとじろう」は栽植密度を a当たり 1,522株(1株2本立)とし、
    施肥量は窒素、りん酸、加里をそれぞれ a当たり基肥を 4、10、10kg、
    追肥を生育中に窒素成分で 9kgを 2回に分施することにより高収量が得られる。
成果の活用面・留意点
  1. 「中里在来」と早生の「はとじろう」を組み合わせて作付けすることにより、
    収穫時の労働競合が解消できる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010021103
カテゴリ 乾燥 機械化 栽培技術 施肥 大豆 播種 はと麦 品種

この記事は