水稲品種「かけはし」の生育・栄養診断基準と栽培法

タイトル 水稲品種「かけはし」の生育・栄養診断基準と栽培法
担当機関 岩手県立農業試験場
研究課題名
研究期間 1994~1994
研究担当者
発行年度 1994
要約 水稲品種「かけはし」について、品質(整粒歩合80%以上・登熟歩合80%以上)・収量の安定化のための生育・栄養診断基準及び栽培法を策定した。
背景・ねらい 水稲品種「かけはし」は岩手県中北部の標高がおよそ
250~350mの地域及び北部沿岸のやませ地帯を対象として平成
4年度に奨励品種に編入された早生の耐冷良食味品種である。
当該地域は冷害常襲地であり品質的にも低位で品質・
収量の安定化が大きな課題となっており、「かけはし」の品質・
収量の安定化のための生育・栄養診断基準と栽培法について検討した。
成果の内容・特徴
  1. 品質(整粒歩合80%以上・登熟歩合80%以上)・
    収量安定化のための生育診断基準を次のように設定。
  2. 栽培法
    1. 基肥窒素量は「たかねみのり」並とし、
      多肥栽培は品質低下の原因になるので行わないこと
      (図1)。
    2. 追肥は幼穂形成期重点とし、追肥量は診断基準内であれば窒素成分で 2kg/10a
      以内を基本とする(図2)。
    3. 栽植密度は22株/平方メートル程度を確保する
    4. 刈り取り適期は登熟積算気温(平均気温)が 950~1050度C(アメダス値)
      の範囲内で刈り遅れによる品質低下(茶米・着色粒)に注意する。また、
      「たかねみのり」に較べて籾の初期黄化が緩慢なので、
      玄米の登熟状況を観察しながら、黄化籾割合80~90%を目安とする
      (図3・図4)。
    5. 「かけはし」のいもち病に対する圃場抵抗性は「たかねみのり」
      より弱いので以下により防除を徹底する。
    6. 葉いもちの早期発見につとめ、発生初期からの防除を徹底する。また、
      予防粒剤の水面施用を実施する場合は 6月20~25日ごろに行う。
    7. 穂いもち防除は出穂直前と穂揃い期の2回防除を基本とし、
      葉いもちが多い場合や出穂~登熟が長引く場合には穂揃い 1週間前後の防除を追加する。
    8. 発育指数(DVI)による生育判断予測
      発育診断予測のためのDVIパラメーターを次のとおりとした。
      1. ~幼穂形成期
      2. 幼穂形成期~出穂期

        C,D: DVRtr(出穂時のDVI)を移植時葉齢の一次関数とした場合の係数
        G: 当該品種の出穂までの最小日数、A: 温度係数、
        Th: ある日長条件下での発育速度が最大値の1/2になる温度
  3. 栄養判断基準
    栄養診断指標:期待生育量である平方メートル籾数を確保するための
    栄養診断基準を以下のとおりとする。
成果の活用面・留意点
  1. 本生育・栄養診断基準及び栽培法は、中成苗での栽培を基本とする。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010021078
カテゴリ いもち病 栄養診断 水稲 抵抗性 凍害 品種 防除 良食味

この記事は