耐冷性極強、良質、極早生稲水稲品種「ユメコガネ」の採用

タイトル 耐冷性極強、良質、極早生稲水稲品種「ユメコガネ」の採用
担当機関 青森県農業試験場
研究課題名
研究期間 1994~1994
研究担当者
発行年度 1994
要約 「ユメコガネ」は、耐冷性が“極強”で、品質・食味が良好な極早生系統であり、青森県において、下北外海・海岸冷涼・山間冷涼地帯を対象に「ハツコガネ」「ハマアサヒ」に代えて奨励品種に採用する。
背景・ねらい 現在青森県で、極早生の奨励品種は「ハツコガネ」「ハマアサヒ」の 2品種であるが、
ともに普及地帯の気象環境に対し耐冷性が不十分であること、
籾の褐変や白ふの発生が多く食味が劣ること(「ハツコガネ」)、
いもち耐病性が弱いこと(「ハマアサヒ」)などから、
栽培農家の作付け意欲が年々低下してきた。このため、
耐冷性が強く、栽培特性が安定した、良質の極早生品種の採用が望まれていた。
成果の内容・特徴
  1. 「ユメコガネ」の出穂・成熟期はほぼ「ハツコガネ」
    「ハマアサヒ」並の極早生種である。
  2. 耐冷性は「ハツコガネ」より明らかに強い“極強”で、いもち病圃場抵抗性
    (Pi-a, k, ta)は葉いもち、穂いもちともに「ハツコガネ」並の“中”である。
  3. 品質は「ハツコガネ」より良好で、食味は「ハツコガネ」に比べ明らかに優るが、
    平常年の収量は「ハツコガネ」よりやや劣る。
  4. 青森県において、
    下北外海・海岸冷涼・山間冷涼地帯の安定生産と産米改善を図るために、
    「ハツコガネ」「ハマアサヒ」に代えて採用する。
    1. 奨励品種決定基本・現地調査成績
    2. 冷害年における現地の収量
    3. 普及見込み地帯
成果の活用面・留意点
  1. 初期の生育がやや緩慢なので、健苗育成や本田の水管理に努め、
    初期生育の確保を図る。
  2. 施肥量は、地帯別の施肥基準に準じて行い、
    品質・食味の低下を防ぐため多肥栽培は避ける。
  3. 耐冷性は“極強”であるが、品種特性を発揮させるためにも、
    低温時には深水灌漑で幼穂を保護する。
  4. いもち病抵抗性は、葉いもち・穂いもちともに「ハツコガネ」並の“中”なので、
    基本防除を励行する。
  5. 登熟期の下葉枯れが早いので、高温の場合は、間断灌漑を行い根の老化を防ぐ。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010021070
カテゴリ いもち病 水稲 施肥 抵抗性 凍害 品種 防除 水管理 良食味

この記事は