ヒマワリ栽培における有望品種

タイトル ヒマワリ栽培における有望品種
担当機関 宮城県農業センター
研究課題名
研究期間 1993~1993
研究担当者
発行年度 1993
要約 宮城県におけるヒマワリの現行品種「IS-3001」にくらべて、多収で脂肪含有率の高い[IS-7000」・「IS‐61337」と短茎で耐倒伏性・作業性に優れる「SUN WHEAT」は転換畑での栽培に適した品種である。
背景・ねらい 宮城県におけるヒマワリ栽培は、転換畑での作付けが大部分であるため、
現行品種では湿害を受けやすい。また、
現行品種は草丈が2m程度もあるため風害をうけやすいので、
これらの点や収量性・脂肪含有率等で優れた特性を持った品種の検索を行った。
成果の内容・特徴
宮城県においては、次の8品種が有望と考えられる。
(表1)
  1. 「IS-7000」
    現行品種「IS-3001」にくらべて、収量性及び脂肪含有率に優れている。
    成熟期は現行品種並である。
  2. 「IS-61337」
    現行品種にくらべて収量性及び脂肪含有率に優れている。
    成熟期は現行品種よりやや遅い。
  3. 「SUN WHEAT」
    現行品種にくらべて収量性及び脂肪含有率ではやや劣るが、
    草丈が約1mで現行品種の半分程度と低いので、
    耐倒伏性や作業性に優れた品種である。また、成熟期は現行品種よりやや早い。
成果の活用面・留意点
  1. 宮城県で問題になっている空胴病(細菌病)の発生程度は3有望品種とも
    現行品種並である。なお、空胴病の防除には、
    ドイツボルドーA水和剤が有効との試験成績がある。
  2. 3品種ともF1品種であるので、自家採種は不可能である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010021054
カテゴリ 湿害 自家採種 ひまわり 品種 防除

この記事は