稲刈機兼密植桑園用バインダー式条桑刈取機の開発

タイトル 稲刈機兼密植桑園用バインダー式条桑刈取機の開発
担当機関 福島県蚕業試験場
研究課題名
研究期間 1992~1993
研究担当者
発行年度 1993
要約 密植桑園用バインダー式条桑刈取機を開発するため、稲刈機(K社製RA30)を改良して、部品の交換による稲刈と桑収穫の兼用機を開発した。
背景・ねらい 養蚕経営は水稲との複合経営が多くを占めるため、
同一機種で稲刈と桑収穫が兼用できれば合理的かつ経済性も高い。
そこで誰でも手軽に使用できるように小型・
軽量および安価を目標に稲刈バインダーをベースにした
密植桑園用バインダー式条桑刈取機を開発した
成果の内容・特徴
  1. 9筒所の改良を行い、
    稲刈機から桑収穫機へ変える際の部品交換は6箇所となった。
  2. 本機は2輪の跨畦式のため安定性が高く、
    5~6度以内の傾斜桑園でも収穫できる。
  3. 刈取速度を遅くして0.51m/sとした。
  4. 刈取高さは地上15~24cmの範囲で自由に調整できる。
  5. 収穫時間は桑の場合35~40分/10a、稲の場合60~90分/10a
    と人力の10倍以上の能率である。
  6. K社よりRA30-DKとして一般に市販されることとなった。
    表 改造後の車速および刈取速度・速度比
    図1 RA30-DKによる桑収穫と稲刈り作業状況
  • 活用面
    稲刈と桑収穫の兼用機であるため経済性が高い。
成果の活用面・留意点
  • 活用面
    稲刈と桑収穫の兼用機であるため経済性が高い。
  • 留意点
    1. 桑収穫は枝条長が100~160cmの時に行う。
    2. 刈取高さは春切株で1回目15cm、2回目20cmとする。
    3. 収穫枝の枝条長が140cm以上の場合はスイングディバイダを使用する。
    4. 密植桑園で使用し、仕立法は埋没根刈とする。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010021038
カテゴリ カイコ 経営管理 収穫機

この記事は