キュウリ断根セル苗生産技術

タイトル キュウリ断根セル苗生産技術
担当機関 岩手県園芸試験場
研究課題名
研究期間 1993~1993
研究担当者
発行年度 1993
要約 片葉切断接ぎ苗(生研機構開発接ぎ木ロボット苗)を断根し、セル成型苗として大量に育成する場合の苗の養成法は養生期間中の温度25~30度C、湿度85~95%、光は2000~3000lux程度、養生日数4日程度が適当であった。また同苗を育成するセルの大きさは、50~72穴程度のセルトレイを用い、接ぎ木後8日程度で鉢上げする。
背景・ねらい 労力を多く要するキュウリの生産を維持、拡大するためには、栽培の省力、平易化技術
を確立することが緊要となっている。その一貫として、高度の技術と多くの労力を要
する育苗分野のシステム化技術について検討した。
成果の内容・特徴
  1. 断根し、セルに挿した片葉切断接ぎ木苗の養生条件を検討した結果
      (1)養生期間中の温度管理は昼夜とも25~30度C程度で生育が優れ、湿度は85~95%程度
      の多湿条件が必要である(表1)。
      (2)照度は、直射日光は避けるが、2000~3500lux程度の、ある程度光を確保するはうが
      苗の生育が良い(表2)。
      (3)活着率、成苗率、生育状況から養生期間は、接ぎ木後4日程度で十分である
      (表3)。
  2. セルトレイの効率的利用の観点からは、接ぎ木苗を挿すセルの大きさは50~72穴程度の
    セルトレイとし、接ぎ木後8日前後で完全に活着させた後ポットに移植するのが
    良い(表4)。
成果の活用面・留意点 接ぎ木は、は種後9~10日目が適期で胚軸長5~8cm程度の少湿管理をした苗を用いる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010021003
カテゴリ 育苗 温度管理 きゅうり 接ぎ木 ロボット

この記事は