被覆肥料を用いたネギの全量基肥接触施肥法

タイトル 被覆肥料を用いたネギの全量基肥接触施肥法
担当機関 山形県立農業試験場
研究課題名
研究期間 1993~1995
研究担当者
発行年度 1993
要約 被覆肥料を用い、ネギ定植時栽培期間中に必要とされる肥料の全量を基肥として定植溝に施用する(接触施肥)ことにより、慣行比20%程度の減肥で慣行並の商品収量が得られる。
背景・ねらい 近年、肥料等の過剰施用による環境への影響が間題となってきている。
特に畑土壌は各種の生物的および理化学的作用により窒素の施肥効率が
低く施肥量・施肥回数が多いため環境保全および省力化の面から施肥法の改善が
求められている。そこで、利用効率が高く環境にやさしい肥料として
注目されている被覆肥料を利用し、より効率的な施肥法を策定した。
成果の内容・特徴
  1. 栽培品種:吉蔵
    栽植本数:5万本/10a(1株3本立て、株間6cm)
  2. ネギ定植時に、10aあたりN成分で5kgのCDU(CDU燐加安S682)と
    被服肥料(ロング424-M100)15kgを定植溝に施用する。

    表1 試験区施肥設計
    表2 収量
    図1 ロング424-M100溶出率
  3. 栽培期間を通してネギの根圏に肥料が存在するため利用効率が高く、
    慣行栽培比20%程度の減肥で慣行並の商品収量が得られる。
  4. 定植時に栽培期間中に必要とされる肥料の全量を基肥として施用するため、
    培土時の追肥(約3回)を省略できる。
  5. 機械移植同時施肥が可能となる。
成果の活用面・留意点
  1. 木施肥法は平坦部の地力の中庸な畑圃場を対象とする。
  2. 土壌改良および土づくりを徹底する。
  3. 地力に応じて施肥量や栽植本数を調整する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010020909
カテゴリ 栽培技術 省力化 施肥 土壌改良 ねぎ 品種

この記事は