種茎直播における活着安定化のための土壌管理技術

タイトル 種茎直播における活着安定化のための土壌管理技術
担当機関 宮城県蚕業試験場
研究課題名
研究期間 1992~1994
研究担当者 立岩 剛
林 かずよ
発行年度 1992
要約 桑種茎直播における土壌型別の活着安定化について検討したところ、直播前の有機質無施用で活着率が高かった。しかし、腐植が3%以下であると生育は劣り減収した。また熟畑では耕耘を20cm程度とすると腐植が拡散して活着率が向上した。
背景・ねらい 簡易桑園造成法としての種茎直播は活着が大きなポイントであり、土壌型別の活着安定
技術を確立することが今後の普及の鍵となっている。したがって、改植予定地(種茎直播
の導入が期待される圃場)の土壌条件による種茎直播技術を直播前に有機質施用の有無と
圃場の耕耘の程度を検討した。
成果の内容・特徴
  1. 熟畑では直播前の有機質施用は不要である。(表1)
  2. 未熟畑では腐植含量を3%を目安にそれ以下なら有機質の施用は必要である。
    (表1)
  3. 熟畑では深さ20cm程度の耕耘を行うと活着が向上する。
    (表2)
成果の活用面・留意点
  1. 現地圃場試験に活用できる。
  2. 直播予定地の土壌診断をすることが必要である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010020867
カテゴリ 改植 土壌管理技術 土壌診断

この記事は