アネモネ「F1モナリザ」の栽培法

タイトル アネモネ「F1モナリザ」の栽培法
担当機関 青森県畑作園芸試験場
研究課題名
研究期間 1990~1991
研究担当者 大場貞信
藤井明彦
畑井昭一郎
目時秀樹
発行年度 1992
要約 アネモネの高性、大輪種「F1モナリザ」の発芽適温、適は種期とセル成型苗の定植適期等の栽培法を確立した。
背景・ねらい アネモネの冬季に無加温で栽培できる特徴を生かし、冬期間の施設の有効利用を
図るため、従来のデ・カーン種に替わる高性、大輪種の「F1モナリザ」の
発芽条件や適は種期、セル成型型苗の定植適期、摘葉処理法を検討した。
成果の内容・特徴
  1. 育苗は最低温度約10度Cの電熱温床で行う。発芽適温は15~20度Cで、25度C以上では
    発芽勢が劣る。
  2. は種期は2月中旬~3月中旬に行う。2月中旬は種が8月上旬から、3月中旬は種が9月下旬
    からの採花となる(表1)。
  3. 定植は無加温ビニールハウス等に行う。苗を直接定植する場合の定植適期は本葉3葉期
    である。栽植様式はうね幅120cm、条間30cm、株間20cm程度の2条植えとする。施肥量は
    窒素、燐酸、加里とも1kg/a程度とし、黒マルチ栽培とする。
  4. 購入苗(セル成型苗)の定植適期は6月下旬(8月上旬から採花)から8月下旬(10月中旬から
    採花)である(表2)。輪作体系を考慮して適期に
    定植する。
  5. 遮光処理により、夏場の高温による葉焼けを回避する。資材は白寒冷紗(#300)が最も
    適しているが、黒寒冷紗(#600)でも良い(表3)。
    これらの資材を二重にし、定植約1週間前から9月中旬まで遮光する。
  6. 低温期(10月下旬以降)は内装一重ビニールカーテンで保温する。無加温でも採花
    できるが、最低室温を約5度Cに加温することにより切花長が約10cm程度長くなり、
    品質向上に高い効果がある(表2)。
  7. 摘葉処理は、株の過剰栄養生長が抑えられ病害虫の耕種的防除にもつながる。摘葉は
    正常な大きさの根出葉を12枚以上残すように行う
    (表4)
成果の活用面・留意点 輪作体系に冬場の品目として取り入れることで、施設の有効利用と花きの周年生産が
可能となる。セル成型苗は用土が乾燥しやすいので、活着までかん水に注意する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010020840
カテゴリ アネモネ 育苗 乾燥 害虫 栽培技術 施肥 防除 輪作体系

この記事は