肥効調節型肥料による客土水田の施肥法改善

タイトル 肥効調節型肥料による客土水田の施肥法改善
担当機関 秋田県農業試験場
研究課題名
研究期間 1992~1992
研究担当者
発行年度 1992
要約 重金属汚染対策のために客土をした水田において肥効調節型肥料である被覆尿素入り肥料を利用することによって、土壌由来窒素の不足分を代替し、基肥一回施肥による水稲栽培が可能である。なお、被覆尿素の利用率はほぼ、100%であった。
背景・ねらい 秋田県では重金属に汚染された水田について、恒久対策として有機物をほとんど
含まない山林原野の脊薄な土壌を、平均深さ25cmに上乗せ方式で客土施工を
しておりその際、堆肥、土壌改良資材の投入も合わせて行っている。しかし、有機物を
含まない土壌のため客土田の稲作は土壌由来窒素をほとんど期待できない状態で
行っており、農家は追肥を4~5回行って対応しているのが現状である。
成果の内容・特徴
  1. この客土田の作土層の無機態窒素生成量は著しく少なかった、無肥料での玄米収量は
    15kg/a、水稲の吸収窒素量は0.33kg/a程度に過ぎなかった。
  2. この水田において肥効調節型肥料の利用率を100%、速効性肥料の利用率を
    60%、玄米生産効率を45と仮定し、窒素を1.16kg/a施用することで、目標収量の
    60kg/aを達成し、慣行施肥並以上の収量を上げることができた。
  3. この場合の水稲の施肥窒素の利用率は極めて高いものであった。
  4. 以上から、この客土田において、肥効調節型肥料である被覆尿素100日型入り肥料を
    利用することで、土壌由来窒素不足分を代替し、基肥一回施肥による稲作を行うことが
    可能である。
表1 客土田の土壌の一般的性質
表2
施肥窒素量と玄米収量、窒素吸収量及び仮定窒素吸収量
成果の活用面・留意点
  1. 平成4年度現在、県内で約1,200haある上乗せ客土田で利用することができる。
  2. 肥料散布、代かきによる施肥ムラがでやすいので注意を要する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010020726
カテゴリ 水田 水稲 施肥 土壌改良 肥料散布

この記事は