耐冷性・良食味水稲新品種「まいひめ」

タイトル 耐冷性・良食味水稲新品種「まいひめ」
担当機関 青森県農業試験場
研究課題名
研究期間 1992~1992
研究担当者
発行年度 1992
要約 「まいひめ」は東北地方北部では中生に属し、耐冷性と良食味を兼ね備えた粳種で、平成5年度より青森県で水稲奨励品種に採用し、同県の寒冷地帯の安定生産と食味水準の向上を図る。
背景・ねらい 近年、東北地方北部地帯では水稲の作況指数が100を割ることがたびたび
認められるが、この主たる原因は稲作期間の低温による冷害にある。
また、米の市場競争が激化し、競争力のある良品質・良食味品種が強く
求められている。
そこで、冷害を克服するような耐冷性を持つ良食味品種を育成し、
この地帯の生産の安定と食味水準の向上を図る。
成果の内容・特徴
  1. 平成5年より青森県で奨励品種に採用し、寒冷地帯に作付されている
    「むつほまれ」に替えて作付を奨励し、生産の安定確保と食味の向上を図る。
    普及見込み面積は10,000haである。
  2. 交配組合せは母が「青系89号(後のむつほまれ)」、父が「コシヒカリ」
    の血を引く「ふ系130号」で、世代促進栽培により育種年限の短縮を図り、
    交配から9年で育成した。
  3. 出穂期間及び成熟期は「むつほまれ」より一日程度早く、東北地方北部では
    中生に属する短稈の粳種で、対象品種の「むつほまれ」に比べ耐冷性が強く、
    食味も良好である。
表1 「まいひめ」の特性概要
成果の活用面・留意点
  1. 栽培適地は寒冷地北部平坦地、その他寒冷の平坦地から山間地及び関東以西の
    山間冷涼地である。
  2. 穂数が確保しにくいので、健苗育成や株数を確保すると共に本田の水管理にも
    十分注意して初期生育の確保に努める。
  3. 品質・食味の低下を防ぐために多肥栽培は避ける。
  4. 耐冷性は強いが、低温時には深水灌漑を行って幼穂を保護する。
  5. いもち病抵抗性は「やや強」であるが、基準防除を励行する。
  6. 白葉枯病抵抗性は「やや弱」なので、常発地帯での作付は避ける。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010020705
カテゴリ 育種 いもち病 新品種 水稲 抵抗性 凍害 品種 防除 水管理 良食味

この記事は