主成分分析による茨城県海域100m深水温の季節変動

タイトル 主成分分析による茨城県海域100m深水温の季節変動
担当機関 茨城県水産試験場
研究課題名
研究期間 1997~2001
研究担当者 武士 和良
発行年度 2000
要約 茨城県海域の100m深水温と那珂湊定置水温について主成分分析,クラスタ-解析を行い,当海域の水温の季節変動特性を調べた。その結果,本県海域はその変動特性から3海域に区分された。また,変動の第1主成分は年1回の周期があり,海域全体で上昇・下降すること,陸域に近いほど振幅が大きいことと,その寄与率が91.3%であることから,変動の主要因は気温の変動によるものと推察された。
背景・ねらい 茨城県の海域(常磐・鹿島灘)は黒潮続流,暖水舌,親潮南下分枝の影響を受け海況変動が激しく,イワシ・サバ類の沖合漁業資源からシラス・イカナゴ・オキアミなどの沿岸漁業資源の漁況推移を左右し,漁業者はじめ水産加工業者からも本県の海況推移の予報することを求められている。
海況予測の技術化を図るため,常磐・鹿島灘海域の海洋特性,季節変化,変動要因等について検討した。
成果の内容・特徴
  1. 那珂湊定置水温と100m深水温(沿岸定線海洋観測)をクラスター解析した結果,黒潮続流の影響度合いにより犬吠沖(Sta.I-4~5),鹿島沖(Sta.K-6,Sta.I-3),茨城海域(Sta.A-3~9,Sta.O-4~10,Sta.K-2~5,Sta.I-2)の3海区に大別された(図1)。
  2. 100m深水温を主成分分析した結果,第1主成分は年1回の周期で,海域全体で上昇・下降すること,陸域に近いほど振幅が大きい特徴があった。第2主成分は年2回の周期があり,黒潮続流の北限位置及び犬吠埼沖の離岸距離の変動と類似しており,黒潮続流の影響を受けやすいSta.I-5に近いほど振幅が大きい特徴があった。第3主成分は不明であった。それぞれの寄与率は91.3%,4.4%,2.0%であった(図2)。
  3. 第1主成分の変動要因は気温の影響によるもの,第2主成分の変動要因は黒潮続流の影響によるものと推察される。
成果の活用面・留意点 100m深水温の季節変動の主要因は特定されたが,海況予測には海況状態の持続期間,変動のタイミングなどの解明・把握が今後の重要検討事項となる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010019693
カテゴリ 加工 季節変動

この記事は