大豆イソフラボンの機能発現に及ぼす投与方法の影響

タイトル 大豆イソフラボンの機能発現に及ぼす投与方法の影響
担当機関 四国農業試験場
研究課題名
研究期間 2000~2001
研究担当者 関谷敬三
発行年度 2000
要約 更年期障害モデルである卵巣摘除ラットにイソフラボンを一日一回胃内投与すると同量を混餌投与した場合に比べ血中コレステロールがより低下する。血中中性脂肪、脂肪組織重量、子宮重量においても同様な効果の傾向が認められる。
背景・ねらい
大豆には多くの機能性成分が含まれ種々の機能性が知られてきているが、本研究においては中でもイソフラボンを取り上げその機能性を明らかにすることを目的としている。イソフラボンは弱い女性ホルモン様作用を示すことから、その作用を利用した生理機能性の開発が期待されている。しかし、投与方法と作用発現の関連については考慮されていない。そこで、今回更年期障害モデルである卵巣摘除ラットを用いて、イソフラボンの投与方法を変えて作用発現を比較検討した。
成果の内容・特徴
  1. 投与方法は一日一回20mg/kg体重をゾンデを用いて。直接胃内に投与する方法と餌に混ぜて(20,40mg/kg体重)自由摂取する方法とを用いた。卵巣を摘除したラットでは血中コレステロールが偽手術群に比べ有意に増加する。卵巣摘除ラットにイソフラボンを胃内投与した群においては血中コレステロールが偽手術群以下にまで有意に低下する。同量を混餌した群においては同様な低下傾向を示す。混餌投与でもイソフラボンを40mg/kg体重に増加した群では有意に低下する(図1)。
  2. 卵巣摘除群では血中中性脂肪も偽手術群より有意に増加する。イソフラボンを投与するとすべての群において血中中性脂肪が低下し、その中でも胃内投与群がもっとも低下する傾向を示す(図2)。イソフラボン投与でいずれも偽手術群以下の有意な低下を示す。同量投与の比較では胃内投与群でわずかであるがより低下する(図3)。
  3. 相対的な脂肪組織重量は卵巣摘除群で有意に増加する。同量投与の比較では胃内投与群でわずかであるがより低下する(図3)。
  4. 相対的な子宮重量は卵巣摘除ラットで著しく低下する。胃内投与群及び40mg/kg混餌投与群においては有意な増加が観察される。20mg/kg混餌投与群ではわずかな増加傾向である(図4)。 
成果の活用面・留意点
  1. ヒトでの効果は別に検討する必要がある。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010019414
カテゴリ 機能性 機能性成分 大豆

この記事は