竹炭培地によるシンビジウム切り花栽培

タイトル 竹炭培地によるシンビジウム切り花栽培
担当機関 徳島県立農業試験場花き科
研究課題名
研究期間 1999~2000
研究担当者 新居 宏延
発行年度 2000
要約 シンビジウムの切り花栽培においてバークに竹の消炭を等量混合した培地を用いると,株の生育と切り花品質がバーク単用培地より優れ,ほぼ同程度の採花数が得られる。消炭は形状の変化がほとんどなく,バークと混合すると培地の劣化が軽減できるため,増量資材として利用が可能である。
背景・ねらい
シンビジウムの切り花栽培では培地に発酵バークが広く用いられているが,苗の養成期間および採花年数が長いため,その分解劣化が問題となっている。そこで,培地の改善やバークに替わる新資材の開発のため,本県で豊富に産出される間伐竹の炭化物(竹炭)のシンビジウムの切り花栽培における利用技術を確立する。
成果の内容・特徴
  1. バークに消炭を等量混合した培地で切り花栽培すると,株の生育がバーク単用培地より優れる(表1)。
  2. 切り花の品質は,消炭単用培地ではバーク単用培地とほぼ変わらない。バークに消炭を等量混合した培地では花茎長および花序長がバーク単用培地よりやや長く,切り花品質が向上する(表2)。
  3. 1株当たりの採花数は消炭単用培地ではバーク単用培地より減少するが,,バークに消炭を等量混合した培地ではバーク単用培地とほぼ同じである(図1)。
  4. 消炭単用培地では,5年間栽培後も培地の形状変化はほとんどない。バークに消炭を等量混合するとバーク単用培地で生じやすい培地の劣化が軽減できる(表3)。
  5. 消炭単用培地では,灌水時の流去水のpHが1カ月余り高く推移するが,バークと消炭を等量混合した培地ではバーク単用培地の値と近い範囲で推移する(図2)。
成果の活用面・留意点
  1. 消炭は筍産地で豊富に産出される間伐竹を有効利用できバークと等量混合するなどバークの増量資材として利用できる。
  2. バークに消炭を等量混合することで切り花の高品質化が図れる。
  3. 消炭単用利用においては,保水性,化学性,粒径の改善や適正な施肥・灌水管理技術等についての検討を要する。
  4. 高価格な硬炭もバークに等量混合すると消炭と同等の効果があり,利用可能である。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010019400
カテゴリ シンビジウム 施肥 水管理

この記事は