高知方式湛液型ロックウールシステムによる小ナス「十市」の促成栽培

タイトル 高知方式湛液型ロックウールシステムによる小ナス「十市」の促成栽培
担当機関 高知県農業技術センター
研究課題名
研究期間 1999~2000
研究担当者 山本正志
前田幸二
発行年度 2000
要約 高知方式湛液型ロックウールシステムによる小ナス「十市」の促成栽培では、実生苗を使用し、育苗期には山崎ナス処方準拠の0.4単位、本圃では1.0単位の培、育苗期には山崎ナス処方準拠の0.4単位、本圃では1.0単位の培養液を用い、主枝4本仕立てで栽培することで、育苗の省力化が図られ、土耕に比べて著しく増収する。
背景・ねらい
養液栽培は、土耕栽培に比べて肥料養分の調節が容易であり、連作障害がほとんど発生しないことから生産が安定しており栽培管理の省力化、作業環境の快適化の可能な栽培技術としても注目されている。そこで当センターで開発し、促成ナスで有利性が認められた高知方式湛液型ロックウールシステムでの促成小ナス「十市」の本システムへの適合性を検討し、その栽培技術を開発する。
成果の内容・特徴
  1. 定植時期および収穫期間:9月15~20日頃に定植して、6月末に収穫打ち切りとする。
  2. 品種:「十市」(実生苗)とする。
  3. 育苗:出芽揃い後に75mm×75mm×75㎜のロックウールキューブに移植し、培養液は山崎ナス処方に準拠した0.4単位の濃度とする。育苗日数は42日程度(1番花の開花直前) とする。
  4. 本圃:うね幅180cm、株間60㎝とし、主枝は4本仕立てで、側枝は1芽摘心とする(図1)。培養液は山崎ナス処方に準拠した1.0単位(EC:1.8mS/cm)の濃度とする(図2)。1株当たりの給液量は0.9リットル、排液率は15~20%になるように調整する。昼温は午前28℃午後25℃、夜間は最低夜温が15℃以下にならないように管理し、培地は無加温とする。
  5. 特徴:接ぎ木作業が不要で育苗日数が短縮され、育苗の省力化が図られる。また、土耕に比べて上品収量が著しく多い(図3、4)。
成果の活用面・留意点
  1. 育苗期後半には蒸発散量が急激に増加するため、育苗キューブの乾燥に注意する。また、定植後活着までは手がけで給液する。
  2. 湛液中のEC値が3.0mS/㎝以上となった場合には、1.0mS/㎝の培養液を栽培ベット10m当たり150リットルを給液してEC値を低下させる。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010019395
カテゴリ 育苗 乾燥 栽培技術 省力化 接ぎ木 なす 品種 養液栽培 連作障害

この記事は