イチゴらくちん栽培システムにおけるヤシ殻混合培地の活用

タイトル イチゴらくちん栽培システムにおけるヤシ殻混合培地の活用
担当機関 香川県農業試験場
研究課題名
研究期間 2000~2003
研究担当者 伊藤博紀
牛田均
近藤弘志
松崎朝浩
野田啓良
発行年度 2000
要約 イチゴの養液栽培 (らくちん栽培システム)において、ピートバッグの培地に含まれるロックウールをヤシ殻に置き換えることで、水田への投入など使用後の処理が容易になり、収量も増加する。
背景・ねらい
イチゴらくちん栽培システム(香川型イチゴ高設・バッグ式養液栽培)において、ピートモスとロックウールの混合培地が普及しているが、ロッ
クウールの環境への影響が懸念される。そこで、ヤシ殻培地の本システムへの適応性を検討する。
成果の内容・特徴
  1. らくちん栽培システム用ピートバッグの培地として、ヤシ殻培地を単独で用いると、慣行のピートモスとロックウールの混合培地(3:1)やピートモス単用培地より、収量がやや劣る(図1)。
  2. ヤシ殻をロックウールと同様にピートモスに混合すると、ピートモス単用培地より収量が増加する。混合比もロックウールと同程度でよい(図2)。
  3. 慣行のピートモスとロックウールの混合培地と比べても、開花のそろいが優れ、収量が増加する。「ピートバッグ」の単価(試算)もやや安くなる(図3、表1)。
成果の活用面・留意点
  1. ロックウールの使用をやめることにより、使用後の水田への投入などの処理が容易になる。
  2. ヤシ殻培地は排水性の改善を目的とするため、やや粗めのチップ状のものを用いる。
  3. 培養液は大塚A処方とし、コントローラによる日射比例制御による給液とする。
  4. 品種は‘女峰’を用いた試験結果である。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010019388
カテゴリ いちご 水田 排水性 品種 養液栽培

この記事は