乳牛の生理・生産反応特性に基づく防暑対策用体感温度早見表

タイトル 乳牛の生理・生産反応特性に基づく防暑対策用体感温度早見表
担当機関 徳島県畜産試験場
研究課題名
研究期間 2000~2000
研究担当者 戸田克史(愛媛畜試)
中井文徳(徳島畜試)
発行年度 2000
要約 暑熱期に得られた乳牛の生理・生産反応の特性をもとに、乳牛の体感温度早見表を作成した。早見表の利用により、酪農家自身が簡便に防暑対策開始時期を判断することが可能になる。
背景・ねらい
乳牛の環境温度に対する適応域は高温側ではあまり高くなく、ヒトの温熱感覚で防暑対策を開始することが暑熱被害を大きくしている。そこで、酪農家自身が簡便に利用できる乳牛の温熱感覚に即した体感温度早見表を作成することで、防暑対策開始の遅れによる被害の軽減を目指す。
成果の内容・特徴
  1. 乳牛の体感温度は乾球温度×0.35+湿球温度×0.65で算出され、計測には乾球・湿 球温度計を用いるが、牛舎内では湿球温度が不正確になりやすい。また、一般的に牛舎 内の温湿度計測には気温・相対湿度計がよく使われているため、相対湿度からも体感温 度が算出できるように2種類の表を作成した(表1、2)。
  2. 四国地域の春季の平均乳量(26~27kg)から基準不快体感温度を求めると19℃程度四国地域の春季の平均乳量(26~27kg)から基準不快体感温度を求めると19℃程度である。また、日中の牛舎内体感温度が25℃を超えるようになると、日平均体感温度 は21~22℃程度となり、乳量が減少し始める温度域とよく一致する。この関係を理解しやすくするため、早見表では体感温度19℃以下を安全9~24℃を注意、25℃以上を危険として色分けしてある。
成果の活用面・留意点
  1. 安全、注意、危険の区分は基準不快体感温度算出式(-0.17×乳量(kg/日)+24.16) より得られた平均的乳量水準のものを対象としており、平均以上の高泌乳量のものについては、より低い温度域に設定する必要がある。
  2. 本成果は4月以降の夏季において、送風等の防暑対策を一切行わない条件下で得られたことを考慮する必要がある。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010019364
カテゴリ 乳牛

この記事は