高知方式湛液型ロックウールシステムにおけるキュウリの培養液処方

タイトル 高知方式湛液型ロックウールシステムにおけるキュウリの培養液処方
担当機関 高知県農業技術センター
研究課題名
研究期間 1999~2000
研究担当者 山崎龍一
飯田佳代
北村明久
発行年度 2000
要約 高知方式湛液型ロックウールシステムによるキュウリ栽培において、培養液組成を山崎キュウリ処方1.0単位に準拠して、リン濃度を5.8me/リットル、マンガン濃度を0.2ppm、亜鉛濃度を0.4ppmにすることにより、抑制作型、半促成作型ともに生理障害が発生することなく、生育が旺盛となり収量・品質が向上する。
背景・ねらい
キュウリの養液栽培では、従来、土耕栽培と比較して十分な増収効果が得られていなかったが、「高知方式湛液型ロックウールシステム」を用いた栽培では、増収効果が認められた。しかし、県内で一般的に使用されている養液栽培用配合肥料を用いた山崎処方準拠1.0単位の培養液では、栽培後半にマンガン過剰症が発生し、収量・品質を低下させる傾向が認められた。
そこで、このシステムを用い、マンガン過剰症等の生理障害を防止し、キュウリの収量・品質をさらに向上させる培養液組成を検討する。
成果の内容・特徴
  1. マンガン過剰症を防止するため、マンガン濃度は既存処方濃度(0.2~0.5ppm)の下限値0.2ppmとする(図1)。
  2. 側枝の伸長を促進して収量を向上さすため、リン濃度は既存処方濃度3.0~4.4me/リットルから、5.8me/リットルに上げる。ただし、リンの吸収量の増加に伴い、気温上昇期に亜鉛欠乏症が発生する恐れがあるので、亜鉛濃度を既存処方濃度0.05~0.2ppmから0.4ppmに上げる(表1、2、図2、3)。
  3. その他の成分濃度は、山崎キュウリ処方準拠1.0単位とし、硝酸態窒素13.0me/リットル、アンモニア態窒素1.0me/リットル、カリウム6.3me/リットル、カルシウム7.0me/リットル、マグネシウム3.0me/リットル、鉄1.4ppm、ホウ素0.5ppm、銅0.02ppm、モリブデン0.01ppmとする。
  4. 特徴:マンガン過剰症および亜鉛欠乏症等の発生がなく、側枝の生育が旺盛で収量・
    品質が向上する。
成果の活用面・留意点
  1. 適用範囲は、高知方式湛液型ロックウールシステムによる抑制および半促成キュウリ とする。
  2. 品種は、台木に‘スーパー雲竜’、穂木は抑制作型では‘なおよし’、半促成作型で
    は‘シャープ1’を用いる。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010019354
カテゴリ きゅうり 生理障害 台木 品種 養液栽培

この記事は