トンネルニンジン収穫直後のソルガム栽培による残存窒素溶脱低減技術

タイトル トンネルニンジン収穫直後のソルガム栽培による残存窒素溶脱低減技術
担当機関 徳島県立農業試験場
研究課題名
研究期間 2000~2001
研究担当者 松家義克
中野充宏
梯 美仁
発行年度 2000
要約 トンネルニンジン収穫跡地では作土表層に硝酸態窒素が集積するが,ビニールトンネル撤去直後にソルガムを無施肥栽培すると,残存窒素が効率良く吸収され,降雨による溶脱を軽減できる。
背景・ねらい
トンネルニンジン栽培地帯では,水田の転作または土づくりを目的としてニンジンの後作にソルガムが栽培される事例が見られる。ソルガムの播種時期は,通常,ニンジンの収穫から1ヶ月~2ヶ月後の6月中旬以降であり,ビニールトンネル撤去からソルガム播種までの無作付期間に降雨の影響により作土表層に残存した硝酸態窒素が下層へ浸透溶脱する可能性が懸念される。
そこで,トンネルニンジン栽培圃場における硝酸態窒素の動態とニンジン収穫後にソルガムを早播き栽培することによる作土中の残存硝酸態窒素の溶脱低減効果について検討した。
成果の内容・特徴
  1. トンネルニンジン収穫跡地では作土表層に硝酸態窒素が集積し,ビニールトンネル撤去後の降雨により残存窒素が溶脱する(図1)(図2)。
  2. ニンジン収穫直後にソルガムを早播き栽培すると,ソルガムの生育が進むにつれて作土中の硝酸態窒素含量が減少する(図3)。
  3. 土壌中の硝酸態窒素残存量が多い場合でも,ソルガムが効率良く吸収する(図3)。
  4. 以上のことから,ニンジン収穫直後にソルガムを早播き栽培すると,作土中に残存した硝酸態窒素がソルガムに効率よく吸収され,作土中に残存した硝酸態窒素の下層への溶脱が防止できる。
成果の活用面・留意点
  1. トンネルニンジン栽培地帯の畑および転作水田に適用する。
  2. ニンジン作での減肥により作土中の残存窒素量を低下させる必要がある。
  3. ソルガムは出穂直前にすき込む。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010019353
カテゴリ 水田 施肥 ソルガム にんじん 播種

この記事は