水産副産物を利用したDHAを含む豚肉の生産技術

タイトル 水産副産物を利用したDHAを含む豚肉の生産技術
担当機関 愛媛県畜産試験場
研究課題名
研究期間 1999~1999
研究担当者 真鍋フミカ
発行年度 1999
要約  本技術は、DHAを豊富に含むハマチ油及びスケソウダラ油を飼料に2%添加し、夏季は出荷前8週間、冬季は4週間程度、肥育豚に給与するものである。これにより、豚ロース肉及び脂肪中のDHA含量が高い豚肉が生産できる。
背景・ねらい
豚肉は、自由化が急速に進展することに加え、地域間競争が一層激しくなり、これに対処する方向として栄養成分の高い特徴的な豚肉生産がある。特殊成分であるドコサヘキサエン酸(DHA)は魚油に多く含まれ、人ではコレステロールの低下、抗ガン作用、学習機能の向上などの効果があり、注目されている。そこで、未利用資源であるハマチ油或いは市販スケソウダラ油を豚に給与し、DHAの豊富な高付加価値の豚肉生産技術を開発する。
成果の内容・特徴
  1. 添加物のDHA含有は、スケソウダラ油で8.3%、ハマチ油で13.8%である。
  2. スケソウダラ油は4%以上添加しても、ロース肉及び脂肪中のDHA含量は増加しないだけでなく、そのロース肉を加熱すると、魚臭がかすかに感じられる。(表1)。
  3. 夏季のロース肉は出荷前8週間給与すると無添加に比べ3倍増加したが、冬季では出荷前4週間以上給与してもDHA含量は増加しない(表2)。
  4. 夏季にスケソウダラ油2%と魚臭低減のため経口投与型脱臭資材を添加し、出荷前8週間給与したが、脱臭効果はみられない(表3)。
  5. ロース肉及び脂肪中のDHA含量に、脱臭資材添加による悪影響はない(表4)。
  6. 以上の結果を踏まえて、スケソウダラ油とハマチ油を肥育豚の飼料に2%添加し出荷前4週間給与したところ、冬季のロース肉中のDHA含量に差はないが、夏季のロース 肉中のDHA含量は、スケソウダラ油添加に比べハマチ油添加は1.4倍となるなど、高 い添加効果を得た(表5)。
成果の活用面・留意点
  1. 魚油は酸化し易いため、密閉し冷所で保存する。また、飼料へ配合したものは、長期間保存しない。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010019264
カテゴリ 高付加価値 出荷調整 未利用資源

この記事は